100均ダイソーのグルーガンを試してみた!超簡単iPhoneケースDIY

100均ダイソーのグルーガンを試してみた!超簡単iPhoneケースDIY
100均ダイソーで売られているグルーガンの性能や強度を試してみました。超簡単ですが、セリアなどの飾りやシールを使ってiPhone7ケースをDIYしてみます。布生地へのグルーガン使用時の注意点も解説。手芸や工作、リメイクの参考にしてみて下さいね。
前々から気にはなっていたものの、なかなか手を出せなかった「グルーガン」に今回はチャレンジしてみました!
みなさんも気になっていませんでしたか?

今回は100円ショップダイソーで216円(税込)の物を使用しました。
グルーは別売り(108円)で、白・透明・黒・茶色の他にもピンクなど多彩なカラーが揃っています。

ベースとなるケースは、同じく100均のセリアでiPhone7のケースを見つけたので、まだまだ種類の出回りが少ないiPhone7のケースを作ってみたいと思います。
今回はグルーガンの使い勝手を試してみたかったので、制作するケース自体は超シンプルです。

材料


100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY
今回の材料はコチラ!

・グルーガン(ダイソー)
・グルースティック透明(ダイソー)
・iPhone7ケース(セリア)
・飾りもの3種(セリア)
・フレークシール(セリア)

材料費:864円(税込)


制作


それでは制作していきます。
まずはグルーガンの準備です。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

開封するとこんな感じです。
簡単な説明書が付いています。
コンセントプラグを差す前に、まずはグルースティックをセットしていきます。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

グルーガン手前部分にスティックを差す穴が開いているので、ここからスティックを奥までしっかりと差し込みます。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

しっかりと差し込むとこのような感じになります。
ここでコンセントプラグを差し込んでください。

差し込んだら先端が温まるまで5分程待ってください。
先端部分が熱を持ってきたら、いよいよ作業開始です。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

予め、作りたいものの配置をイメージしてセットしておいたら、部品に1つずつグルーを塗っていきます。
1つ目は男子用なのでアメリカンポップな感じに仕上げてみようと思います。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

とっても軽いもので、オレンジ色のレバーを手前に引くだけで簡単にグルーが出て来ます。
ここで注意なのですが、グルーガンは必ず下向きに使用してください。

下向き以外で使用すると、グルーがうまく出なかったり故障の原因になります。
また、出始めのグルーは固くなっていることもあるので、できれば一度どこかに1cmほど出してからその後の物を使ってくださいね♪

透明度が高ければ、グルースティックがしっかりと溶けています。
また、低温タイプのグルーガンのため、グルーは糸を引きやすいです。

糸を引きそうな時は、出したグルーに巻き付けるように回転させてから、離してみると糸を引きにくくなります。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

塗り終わったらこんな感じです。
雑ですね…大丈夫です、ケース本体に押し付けるので馴染みます…。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

グルースティックは金属・木・紙・布・石・プラスチックと幅広い素材に使えます。
iPhoneに取り付ければ裏面は見えませんので、多少のことは目を瞑ることにしましょう。
ちなみに、この3つを接着するために使ったグルースティックは半分ほどの量でした。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

1〜2分置いたらもうしっかりと固まっていました。
配置を間違えてしまった時は、ドライヤーで温めると外すこともできるので、失敗した!!となっても大丈夫です。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

2つ目は女子用なので、フレークシールとリクエストがあったのでマスキングテープも使用してみました。
フレークシールはセリアで購入したのですが、これだけ入って100円!
とてもお洒落なデザインが豊富です。
プレゼントの包装や、お手紙などにも使えそうですね♪

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

今話題のマスキングテープもダイソーやセリアでたくさんの種類が販売されています。
ハガキや便せんにデコレーションしてみたり、ボールペンやピルケースのデコレーションやインテリアのリメイクにも幅広く活用できます。
幅や柄、用途に合わせて一度試してみてください♪



では、先ほどと同じ手順でグルーを塗布していきます。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

アッサリとシンプルに、マスキングテープを貼って完成です。
意外にもすぐに固まるので、しっかりと最初に配置を決めておくのが大事なポイントでした。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

グルースティックが少し残っていたので、ネイル用のデコレーション素材を用意してオリジナルピンを作ってみました。

設置面が少ないので、グルーも少量になります。
その分乾くのも早いので、しっかりと配置を決めてから作業を開始しました。

100均ダイソーのグルーガンでiPhoneケースをDIY

思ったより乾くスピードは早かったですが、オリジナルピンに変身してくれました♪
他にもくるみボタンなどを使っても可愛いですね!


グルーガンのその他の使い方


グルーガンを使った様々な応用例を見ていきたいと思います。


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

家に余っているハギレなどを組み合わせたツリー!
プレゼントでもらった包装のリボンなどでも良いと思います♪

オリジナル感あるツリーで自慢できそうですね!


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

針と糸を使ってチクチクと作っていくのも良いのですが、グルーガン1つでパッチワークが出来ると簡単に楽しめそうですよね!

布の場合には、一度接着したグルーを外したいときはアイロンを当てることで接着面が外れやすくなります。
火傷に気をつけてくださいね!


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

旅先で拾い集めた貝殻などを使ってオブジェ作りにも使えます♪
思い出の品もしっかりとインテリアにしてしまいましょう!


出典:https://image.space.rakuten.co.jp

グルースティックのカラーを組み合わせることで、マーブルチョコを作ったりしてスイーツデコなども簡単にできますよ♪


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

本物?!と思えるリアル感が出ていますよね!
白色のグルースティックでも、ポスターカラーやアクリルカラーなどがあれば、着色して使用することもできます。


出典:http://3.bp.blogspot.com

グルーガンで直接窓に絵を描けば、オリジナルのウインドウステッカーとしても活用できます。
季節に合わせて窓をキャンバスに、色々と描いてみるのもまた楽しみの1つだと思います。

100均アイテムのシーリングスタンプを使えば、お手軽にシーリングワックスができます。


出典:http://www.decoplus-shop.net

お手紙を送る際にも、プレゼントの包装にもちょっと差を付けれそう!

その他、夏休みのお子様の工作などにもオススメです!
子供さんでも簡単に使えますし、ボンドなどとは違って失敗してしまっても温めれば取り外すこともできます。


グルーガン使用の際の注意点


低温タイプであるとはいえ、先端部分は割と高熱になります。
お子様とご使用になる場合には、必ず一緒にお使いください。

また、収納する際にはグルーガンの先端の熱がしっかりと冷めてからでないと、収納場所にグルースティックが溶け出してしまいます。
残っているグルースティックはそのままで保管していても大丈夫です。
無理に抜くことで、次のスティックが差せなくなってしまう原因にもなります。


まとめ


気になりつつも、不器用だから…と諦めている方も居られるかもしれません。
ですが、本当に思ったよりも簡単ですし、グルースティックだけでデコレーションすることもできます。

グルースティックは、元々は工業用に用いられていた「ホットメルト型接着剤」を円柱状に成形されたもので、段ボールやオモチャ、木工品などの組立などに古くから使われていた接着剤です。
手軽に接着させることができるので、おもちゃ部品の修理などにも使えますよ♪

100均アイテムの物は強度は弱めですが、簡単に手作りするにはちょうど良い使い勝手です。
強度な接着が必要な場合には、瞬間接着剤には強度は劣ります。

手芸・工作・インテリアDIYと幅広く使えるグルーガン!
是非チャレンジしてみてください!
こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
130

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP