IKEAカタログ2017年版の入手方法(無料&有料)と掲載内容

IKEAカタログ2017年版の入手方法(無料&有料)と掲載内容 出典:http://www.dominomagazin.com
IKEAカタログ2017年版の入手方法や店頭での配布状況、掲載されている家具や雑貨について紹介します。日本語デジタル版IKEAカタログのリリース日は2016年8月30日。アプリのダウンロードやカタログ無料請求方法も解説。
毎年人気のIKEA(イケア)カタログ。
そのIKEAカタログの2017年版(日本語)が、配布&リリースされました!!

IKEA(イケア)カタログとは



出典:http://media.progressivebusinessmedia.com
「IKEAカタログ」とは、毎年夏の終わりごろに北欧家具メーカーのIKEAが発行する自社商品のカタログ出版物。
実際にストアに足を運ばなくても、商品のラインナップを確認できて、見ているだけで北欧インテリアの参考にもなるため、日本だけでなく世界中でこのカタログの発表を楽しみにしている方も多くいます。
IKEAカタログの発行部数は全世界で1100万部。

カタログには雑誌タイプ(紙媒体)のものとデジタルタイプ(アプリ)のものがあります。
雑誌タイプのものは結構分厚い冊子のようになっていて、かなり読み応えのあるページ数です。
アプリ版はスマートフォンからいつでもダウンロード可能。

どちらも無料で入手することが可能ですが、雑誌タイプのほうは少し注意が必要です。
それでは早速、カタログの配布・リリース日と入手方法について、紹介しましょう。

「IKEAカタログ2017」の配布・リリース日はいつ?


雑誌・本タイプの配布開始日



出典:http://a.abcnews.com
まず、雑誌・本タイプのIKEAカタログの配布日ですが、2016年8月23日より、店頭で配布開始されています。
こちらは阪急梅田駅のデジタルサイネージ広告。
IKEA鶴浜店でのカタログリリース日が記されております。

IKEAカタログ2017配布・リリース日

プレゼントの包装紙からちらりと見えるIKEAカタログ。

デジタル版(スマホアプリ)のリリース日



出典:http://www.ikea.com
次にデジタル版IKEAカタログ(アプリ版)のリリース日ですが、こちらは2016年8月30日からダウンロードが可能となりました。

アプリの「出版物」というところをタップすると、「IKEAカタログ2017」の他、以下3つのカタログが追加されダウンロード可能となっています。

IKEA バスルーム ハンドブック
こちらはバスルームに関する専門カタログ。
使いやすい洗面台や収納、照明付きのミラーなど、アイデア豊富な商品とコーディネートを参考にできます。

IKEA ワードローブ ハンドブック
このカタログは主に衣装ダンスや衣装部屋を取り上げたもの。
身支度を効率的に行えるよう、ニーズに合わせてカスタマイズできるようなワードローブ商品や収納など、気持ちのよい朝のスタートを迎えるためのアイデアが詰まっています。

IKEA キッチン ハンドブック
こちらは理想のキッチンを作り上げるためのハンドブック。
好みのスタイルや色など、ニーズにあったキッチン収納を作り上げるためのカタログです。



ちなみに、リリース日以前にアプリを起動するとこのようなポップアップが表示され、

IKEAカタログ2017配布・リリース日

ご覧のとおり、

デジタル版『IKEAカタログ 2017』(日本語版)は8月30日にリリース予定

と表示されていました。
その後、OKボタンをタップすると、トップ画面にリリースまでのカウントダウンが表示されるようになっていました。

IKEAカタログ2017配布・リリース日

アプリ内にカタログリリースまでのカウントダウン機能があるなんて、、、それほど楽しみに待っている人が多いということなのでしょう。

IKEAカタログ2017年版(雑誌・本タイプ)の入手方法


イケアストア(店舗)で直接入手



出典:http://1.bp.blogspot.com
IKEAカタログの雑誌版は、基本的には店舗に訪れると無料で入手可能です。
全店舗で無料配布されており、だいたい入口付近で積まれていて自由に取って帰ってよいというスタイルになっています。



IKEA FAMILYメンバーになってカタログ請求



出典:http://www.ikea.com
イケアには「IKEA FAMILYメンバー」という会員カードが存在します。
このカードメンバーになっておくと、メンバー限定のお買い得商品やレストランでの割引が利用可能になるなど特典がいっぱい。
入会金や年会費は無料なので、IKEAで1度でも買い物をするなら入会しておいた方がお得なシステムとなっています。

このIKEA FAMILYメンバーの特典のひとつに、会報誌『IKEA FAMILY MAGAZINE』と『IKEA カタログ』を自宅に届けてもらえるというものがあります。
こちらのサイトからログインして、無料でカタログ請求することが可能です。
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/ikea_family/index.html

ちなみに今なら、IKEA FAMILY Magazineの秋冬号のカタログ請求申し込みも受付中。
メンバーになっている方は、無料でカタログを郵送してもらいましょう。

書店・コンビニで購入する


リリース後しばらくすると、書店やコンビニにてカタログが有料で販売されはじめます。
無料ではありませんが、カタログの価格は非常にリーズナブルで360円(税込)。(※2016年版の価格です)
その中には500円分のクーポン券やレストランで使える半額チケットが付属しているので、実質的には無料に近い感覚で入手できます。
IKEAで確実に買い物を予定しているような方は、有料カタログを購入するとお得でしょう。

通販サイトから購入する


通販サイトからカタログを有料で購入することも可能です。
ただし、どのタイミングで通販サイトから購入できるようになるかはショップ次第なので不確定です。
こちらのサイトでは2016年版のカタログが1,000円(送料込み)で販売されていますね。

http://ikekitchen.net/?pid=93564080

どうしてもお店に行けない、IKEA FAMILYメンバーになれないなど事情がある方は、こちらの方法で入手することができます。

IKEAカタログ2017年版(アプリ)の入手方法



IKEAカタログはスマートフォンアプリとしてもダウンロード・インストールして入手可能です。
このアプリではIKEAから発行されたデジタル出版物がそれぞれダウンロードして電子書籍のように閲覧可能。
もちろん、2016年、2015年のカタログも見る事ができます。

iOSアプリのダウンロードはこちらから。

アンドロイドアプリのダウンロードはこちらから。

IKEAカタログ(アプリ)の使い方・特徴


デジタル版IKEAカタログ(アプリ)はかなり便利で、カタログをペラペラとめくっているとそのページ内にうつっている商品のリストが表示され、該当のアイテムをタップすると拡大写真や価格、説明を詳しく見ることができます。
さらに、お気に入りに登録できる機能もあるので、ストアでの買い物前に一度チェックしておくと買い忘れなどが無くなりますよ。

しかもカタログ内に動画が埋め込まれていて、再生ボタンをクリックすれば商品に関する動画を閲覧可能。
実際に商品を使っているイメージ動画とともに、機能性やコンセプトについて解説があります。
ナレーションは英語ですが、日本語カタログであれば日本語の字幕がちゃんと表示されます。

英語版のカタログなら既にwebで公開中!


上で述べたカタログのリリースは、日本語版についてのものです。
IKEAカタログは世界各国の言語に翻訳されて出版されているので、実は英語版はすでにリリース済み。
こちらからweb版のカタログをご覧いただけます。

http://onlinecatalog.ikea-usa.com/us/en/ikea_catalog/pages/1_1

web上なので紙面とレイアウトは変わって、さらに日本円での表記ではありませんが、カタログの内容は閲覧することが可能ですよ。
いち早く中身を確認したい方は、上のリンクからどうぞ。

IKEAカタログ2017のテーマ


IKEAカタログ 2017のテーマは、「Inspired by EVERYDAY, Designed for EVERYDAY」となっています。
これはイケアが、私たちのごく普通の日常生活からヒントを得て、そしてありふれた日常生活に適したデザインを追及したということを示しています。
確かに、インテリアショップに行くとおしゃれな家具がたくさん並んでいますが、実際に日々使うとなると「んー。。。」というものも多いですよね。
IKEAはデモクラティック・デザインという考え方を取り入れて、一人ひとりの日々の生活に適したバランスの良い商品開発
を心がけているようです。

IKEAカタログ2017年版のメイキングムービーが公開!


youtubeにてIKEAカタログ2017年版のメイキングムービーが公開されていました。
こちらがその動画。



いやー、この一冊に、実に多くの人々の仕事の成果が詰まっているのですね。。。
これだけの分厚さで、世界中で発行されることを考えるとそれも納得でしょうか。

まとめ


いかがでしたか?
IKEA(イケア)カタログは雑誌・アプリで公開されており、webでも閲覧することが可能です。
私はよくアプリ版を使って商品をチェックなどしていますが、紙媒体の本のようになっている方が暇つぶしにぺらぺらとめくったり、全体を見やすかったりもしますよね。

IKEAの配送料は昔に比べて格段に安くなりましたので、カタログを片手に、公式オンラインショップでポチポチお買い物というのも全然可能です。
IKEA公式の通販サイトの購入の流れについては、こちらを参考ください。

この記事を参考に、是非手に取って見てみてください。
こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
15

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP