超快適!IKEAのワークデスクMICKEで作るホームオフィス環境

超快適!IKEAのワークデスクMICKEで作るホームオフィス環境 出典:http://3.bp.blogspot.com
IKEAのワークデスクMICKE(ミッケ)は快適なホームオフィス環境を構築できる人気アイテム。機能的な収納&引き出し付きで配線を隠すための穴もあり。パソコンモニターを複数台設置なども可能。低価格で自宅の仕事環境を整えられるおすすめの机です。
最近では、自宅を事務所がわりに作業をしている方も多いでしょう。
IKEAのMICKE(ミッケ)シリーズなら、SOHOワーキングで忙しいあなたのワークステーションとしても、お子様の初めての勉強机としても、様々な組み合わせで幅広く対応できる機能性を兼ね備えています。

デスクの組み合わせは多様で、追加ユニット(バックパネル)の無いタイプならば、PCデスクとしてもリビングの雰囲気を邪魔しません。

「パソコンモニター&スピーカーを複数台設置!プラスアルファの作業スペースも欲しい!」

な〜んていう贅沢なお仕事環境も、MICKEならお手頃価格で整います。
デザインはシンプルですが、十分おしゃれ!

それではMICKEの特徴と具体的な活用実例について、詳しく見てみましょう。


出典:http://misspond.com

MICKEシリーズの商品ラインナップ



MICKE(ミッケ)シリーズには大きく「デスク」「ワークステーション」の2タイプがあり、それぞれに「追加ユニット」を付け足すことが可能です。

デスク


まずデスクですが、こちらはシンプルな机です。
大きく3種類の形状があり、以下の画像のとおり、サイズや引き出しの付き方がそれぞれ違います。

パターン1

出典:http://www.ikea.com
価格:
 9,990円
サイズ:
 幅: 105 cm
 奥行き: 50 cm
 高さ: 75 cm
 最大荷重: 25 kg

パターン2

出典:http://www.ikea.com
価格:
 12,990円
サイズ:
 幅: 142 cm
 奥行き: 50 cm
 高さ: 75 cm
 最大荷重: 25 kg

パターン3

出典:http://www.ikea.com
価格:
 6,999円
サイズ:
 幅: 73 cm
 奥行き: 50 cm
 高さ: 75 cm
 最大荷重: 25 kg

幅は73cmから142cmまであるので、様々な用途に対応できそうですね。
もちろん高さは75cmで統一ですから、これらを組み合わせて大きなデスクを構成するということも可能です。

ワークステーション


続いてワークステーションですが、こちらはデスク前面の棚がセットになったタイプのもの。
通常のタイプと、部屋の角にぴったりはまるようなコーナーステーションタイプがあります。

通常タイプ


出典:http://www.ikea.com
価格:
 15,990円
サイズ:
 幅: 105 cm
 奥行き: 50 cm
 高さ: 140 cm

コーナータイプ


出典:http://www.ikea.com
価格:
 19,990円
サイズ:
 幅(最大): 100 cm
 奥行き: 100 cm
 高さ: 141 cm

追加ユニット


MICKE(ミッケ)には追加ユニットも用意されています。
既製品のワークステーションだと部屋にマッチしなかった、、、という場合は、デスクと追加ユニットを組み合わせてカスタマイズすると良いかもしれません。



出典:http://www.ikea.com
価格:
 6,000円
サイズ:
 幅: 105 cm
 奥行き: 16 cm
 高さ: 65 cm

こちらの棚、なんとバックパネルがマグネット式のホワイトボードになっているんです。
水性ペンで文字を書くこともできますし、マグネットでメモを貼り付けることも可能。
ユニット上部には本やCD、DVDなどを収納できそうですね。
上部のサイドに板が付いているので、並べても落ちにくそうです。

引き出しユニット

出典:http://www.ikea.com
価格:
 6,999円
サイズ:
 幅: 35 cm
 奥行き: 50 cm
 高さ: 75 cm

引き出しには抜け落ち防止のストッパー付き。
背面側も前面や側面と同じ色で塗られているので、部屋の中央などに置いても問題ありません。
高さがデスクと同じ75cmなので、並べて使うことで作業スペースを広くすることも出来ますよ。



機能的な引き出しと収納



出典:http://www.ikea.com

引き出しは数こそ少ない設計ですが、見せる収納、そして使いやすさは何かをしながらでも、サッと視界に触れ、必要な物をサッと取り出すことができます。
引き出し内部は広めなので、間仕切りを簡単に収納することができて機能的に使えますよ。

デスクサイドの棚部分は、左右どちらにでも組み立てる事ができるので、お好みに合わせて設置ができます。
また、内部は可動式の収納棚なので、PC本体を収納したり大きめの書物を収納することもできます。


出典:http://www.ikea.com

追加ユニットのバックパネルは、マグネット対応でホワイトボードとしても使用できる素材を使用しています。
覚え書きをサッと貼ったり、ホワイトボード専用ペンで書く事もできるので、視界に入る位置で全ての作業が効率よく行える設計です。

また、パソコンやスピーカーなどを置くと気になるのが配線の隠し方。
MICKE(ミッケ)には奥に配線をデスク下に流すための穴が空いているので、デスク上から効率的にコードを流せます。


出典:http://www.ikea.com

収納部分は、文庫本やCDなども収納できるサイズです。
思い出の品を飾ったりするのも、いいですね!

汚れが付いても、アクリル塗装が施された化粧板をを使用しているので、メラミンスポンジなどでサッと汚れが落ちます。

MICKE(ミッケ)を使ったワークスペース実例


では、MICKEの具体的なコーディネート例を見てみましょう。


出典:https://i.ytimg.com

上で紹介したデスク(パターン2)にPCディスプレイとキーボード、マウスパッドを置くとこんな感じ。
サイドには十分な作業スペースを確保できます。


出典:https://c2.staticflickr.com

こちらはデュアルディスプレイのPCモニター+スピーカーを設置した例。
MICKEのデスクだけでも置けなくはないですが、こちらのようなパソコン台(机上ラック)を追加するとさらにスペースが広がります。


出典:http://cdn3.decopeques.com

小さなお部屋には小さなワークスペースを。
部屋の角にパソコンとキーボードを置けるだけのシンプルな仕事環境も、MICKEなら実現できます。


出典:http://www.minimalistdesk.net

こちらはデスクはMICKEではありませんが、MICKEの引き出しユニットに天板を付け加えて高さを合わせているようですね。
デスクと追加ユニットを組み合わせてコーナーワークステーションを構成している例です。


出典:http://3.bp.blogspot.com

白が基調のお部屋にはホワイトカラーがぴったり。
デスクトップのランプや壁面の装飾アイテムがインテリア全体をおしゃれに仕上げていますね。
普段からノートパソコンで作業する方なら、デスクに十分な広さがあります。

子供用の勉強机としても活躍!



出典:http://www.ikea.com

お子様の机として使用するならば、デスクパッドも別売りでPRÖJSもあるので、時間割を入れたり、お友達との写真を入れたりして、きっとお勉強も楽しくできるはずです!

北欧の子供部屋はとても人気があり、日本でも参考にされていることが多く、色んなサイトや雑誌で広く紹介されています。
そんな中で、IKEAのデスクも多く登場しています。

兄弟で色分けをしたりすれば、きっと楽しい雰囲気の子供部屋になりますね!


出典:http://media-cache-ec0.pinimg.com

鉛筆削りや照明の電気コードや、PCコードなども収納しやすい収納口があるので、スッキリと納めることができます。
ガチャガチャとしがちがデスク周りを、スッキリと収納できる機能性とデザイン性、これはさすがのIKEAデザインです。


出典:http://images.styleroom.se

なお、もう少し小さなお子様であれば、幼児向けの収納付き木製デスクSUNDVIK(スンドヴィーク)などもありますので、ご参考ください。

まとめ


いかがでしたか?
IKEAのMICKE(ミッケ)は低価格ながらも、快適なホームオフィス環境を整えてくれるワークデスク。
機能的な引き出しや収納付きで、多くの方が仕事用の机や子供部屋のデスクとして利用する人気商品です。
仕事や勉強が楽しくなる場として、あなたの好みに合わせてチョイスしてみてください。
カラー展開は、シーズンや店舗により変わることがありますので、お求めの際はイケアストアへお問い合わせください。
こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
39

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP