ニトリの突っ張り棒が超便利!強力・伸縮式で収納棚やカーテンレールに活用

ニトリの突っ張り棒が超便利!強力・伸縮式で収納棚やカーテンレールに活用 出典:https://www.nitori-net.jp
ニトリの突っ張り棒は種類が豊富で長さは40cm~3m弱まで対応。強力・極太タイプは耐荷重最大30kgと頑丈です。押入れの収納棚やクローゼットのハンガーラック、間仕切りや出窓のカーテンレールに大活躍。浴室や玄関でも様々な活用アイデアを紹介します。

突っ張り棒とは


みなさん、ご家庭で「突っ張り棒」をお使いの方も多いかと思います。

突っ張り棒とは、簡単に言うと伸縮する棒のこと。
内側から伸び広がる力によって両側の壁を突っ張り、収納棚やカーテンレール、押入れのハンガーラック替わりに活用するなど、近年のリフォームブームで注目を浴びているインテリアアイテムです。

すでに多くの方がご自宅で利用されていると思うのですが、突っ張り棒の活躍シーンはとてつもなく幅広いです!
クローゼットはもちろんですが、浴室やキッチン、玄関、ベランダなど様々なシーンでも使えます。
ごちゃごちゃの押入れを整理するのにもぴったり!

今回はニトリのおすすめの突っ張り棒をご紹介した後、参考になる活用方法を見ていきましょう。
前半は5種類の突っ張り棒を解説、後半で具体的な活用事例を紹介します。

なお、ハンガーラックそのものをお探しの方は、様々な収納機能が備わったおすすめのハンガーラックをこちらの記事で紹介しています。
パイプハンガーや木製ラック、ミラーや引き出し・棚付き、二段式、高さ調節可能など色んなタイプがあるので、参考にしてみてください。

目次


1. 突っ張り棒とは
2. ニトリの突っ張り棒は大きく5種類
 2-1. 伸縮式つっぱりポール
 2-2. カフェカーテン用テンションポール
 2-3. 極太つっぱりポール
 2-4. 強力つっぱりポール
 2-5. 強力・極太つっぱりポール
3. 突っ張り棒の活用例
4. まとめ


ニトリの突っ張り棒は大きく5種類


ニトリでは5種類の突っ張り棒が販売されています。
それぞれ、太さや長さ、強度が違ってくるので、用途に応じた商品を選びましょう。

とくに、強度については耐荷重を超えるものを吊り下げると、ポールが外れるだけでなく折れたり曲がったりすることもあります。
事前にカーテンやハンガーなどの重さを測っておくことをおすすめします。

伸縮式つっぱりポール



出典:https://www.nitori-net.jp

まずはベーシックな突っ張り棒です。
棒を回転させると伸縮するようになっています。

出典:https://www.nitori-net.jp

カラーはナチュラル、ホワイト、ブラウンの3色が用意されており、長さは以下の通り。

40cm~70cm
70cm~120cm
120cm~200cm

価格は231円~462円とお手頃です。

40cmという狭い範囲から2mまで対応してくれるのは嬉しいですね。
耐荷重は明記されていませんでしたが、おそらく2kg前後と思われます。
あまり重たいものをぶら下げるのは避けた方が良いでしょう。
ちょっとしたのれんなどを吊り下げるのに適しています。



カフェカーテン用テンションポール



出典:https://www.nitori-net.jp

カフェカーテンを取り付けたいならば、こちらの突っ張り棒のほうがオシャレかも。
長さは先述のベーシックタイプと同じく3パターンあります。

耐荷重は約2kgで、素材はスチール製。
価格は370円~833円です。

おしゃれなカフェカーテンや暖簾(のれん)のインテリアコーデ参考などは、こちらの記事を参考にしてみてください。





極太つっぱりポール



出典:https://www.nitori-net.jp

もう少し棒の太さが欲しいという方は、極太タイプの突っ張り棒もあります。
長さは以下の2パターンがあります。

70cm~120cm
120cm~200cm

耐荷重は約4kgになって、素材はスチール製。
価格は740円~833円となっています。

カーテンやベランダの物干し竿替わりになりますよ。



強力つっぱりポール



出典:https://www.nitori-net.jp

クローゼットなどでより多くのハンガーをぶら下げたり、収納を天井周辺に確保したいという方はこちらの強力つっぱりポールがおすすめです。
中パイプを引き出して、中央の長さ固定ネジで固定し、グリップを回してがっちり突っ張るという構造。
強力ジャッキで圧着固定され、しかもバネ内蔵なのでしっかり安定します。


出典:https://www.nitori-net.jp


出典:https://www.nitori-net.jp

耐荷重は8kg~15kg。
2本使えば棚の替わりとなって収納スペースを確保することもできます。


出典:https://www.nitori-net.jp

長さは4パターンで、以下のサイズが用意されています。

50cm~75cm
75cm~120cm
110cm~190cm
170cm~280cm

色はホワイトのみで、素材はスチール製。
パイプの直径は30mmで、重量は約600gです。
価格は509円~879円と、これまた安価で購入可能です。

強力・極太つっぱりポール



出典:https://www.nitori-net.jp

さらに、耐荷重を求めるならば、ニトリで最強の耐荷重を誇る強力・極太つっぱりポールが良いでしょう。
以下の長さに対応しています。

113cm~193cm
178cm~283cm


出典:https://www.nitori-net.jp

こちらもバネ内蔵でしっかり安定する構造。
耐荷重は、以下の通りです。

113cm時:30kg以下
193cm時:25kg以下
178cm時:25kg以下
283cm時:12kg以下

パイプの直径は34mmとなっています。

強力つっぱりポールと基本的な使い方は同じです。
価格は1,380円~1,658円と、ニトリの突っ張り棒の中では最高値となります。



突っ張り棒の活用例


では続いて、日常生活における突っ張り棒の具体的な活用事例を見ていきましょう。
インテリアコーディネートの参考にどうぞ。

クローゼット


まずはクローゼットの収納スペース効率化からです。


出典:http://assets.kurashicom.com

ご覧の通り、押入れの中に突っ張り棒を設置することで、クローゼットのように使うことが出来ます。
衣類を複数吊り下げられるので、ハンガーラック替わりになりますよ。
掛ける衣類の数や種類によっては重たいものもありますので、少し強めの強度の突っ張り棒を利用すると良いでしょう。

細いタイプの突っ張り棒でも、このように押し入れ内に引っかけるところがあれば、使いやすいかもしれません。


出典:http://junkan-life.com

カーテン


続いて、カーテンです。
賃貸マンションなどでカーテンレールが付いておらず、かといって壁に穴を開けたくないという方も多いでしょう。
そんなときにはやはり突っ張り棒が便利です。


出典:https://pbs.twimg.com

出窓にカーテンを設置するのも簡単。


出典:http://image.topicks.jp

また、ちょっとしたカフェカーテンを設置したい場合には、細目のポールがおすすめです。


出典:http://blog-imgs-23.fc2.com


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

カフェカーテンは日差しを遮るだけでなく、お部屋のインテリアをおしゃれに演出してくれます。
小窓などに設置するのも良いでしょう。

カフェカーテンは生地も少ないので自作で手作りといったことも出来ます。
突っ張り棒と合わせても安価でおしゃれなDIYができちゃいますよ。


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

間仕切り・目隠し


お部屋の間仕切りとして、パーテーション替わりに突っ張り棒+カーテンを設置するのもアリですね。


出典:http://www.curtainkyaku.com


出典:http://blogimg.goo.ne.jp

広い部屋もサッと目隠しできますし、不要になったときもすぐに取り外せます。

カーテンではなく、のれんを使っても簡単なパーテーションになります。


出典:http://img01.hamazo.tv

軽いものなら細いタイプの突っ張り棒で十分でしょう。

カーテンや暖簾(のれん)にも色々な種類や特徴があるので、同じニトリで買いそろえるなら突っ張り棒の耐荷重などと合わせてみてみると良いでしょう。



キッチン


キッチンでも突っ張り棒は大活躍してくれます。
ポールを張るための左右の壁があれば、こんな風に調理アイテムを吊り下げられますよ。
S字フックなども併用すると良いでしょう。


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

左右にポールを張れない場合でも、テーブルトップと天井で縦に突っ張り棒を設置して、そこへワイヤーネットを設置するという方法があります。


出典:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

ワイヤーネットは100均ショップでもよく売っていますね。
結束バンドでワイヤーネットを突っ張り棒に固定します。


出典:http://image.topicks.jp

ちなみに結束バンドで固定するときには、突っ張り棒の中パイプと外パイプの継ぎ目で固定するのがポイント。
こうするとワイヤーネットがずり落ちてきません。

浴室・トイレ


一人暮らしマンションなどではお風呂って小さいですよね。
浴室でも突っ張り棒を使うと、洗い場を広く使うことが出来ますよ。


出典:https://cdn.kaumo.jp

お風呂の上部に突っ張り棒を設置して、ボディソープやシャンプーなどのカゴをそこにぶら下げるアイデア。
洗面器も形状によってはぶら下げられるかもしれませんね。

子供のおもちゃなどをしまっておくにも良さそうです。

また、少し太めの突っ張り棒を使い、普段はタオル掛けとして、雨の日は洗濯物の物干し竿として活用するのもアリ。


出典:http://livedoor.blogimg.jp

トイレでも突っ張り棒が活躍してくれます。
突っ張り棒を2本使って棚替わりにして、トイレットペーパーなどのバスルームアイテムを整理しておけます。


出典:http://blogs.c.yimg.jp

この手前にさらにカフェカーテンを設置すれば、目隠しもできます。

玄関


玄関周りの収納スペースが欲しい方も、突っ張り棒を使うと良いかも。
ドアの上部はデッドスペースになっていることが多いので、あまり使わないようなブーツや靴のお手入れ用品は、こういったスペースに収納しておくと良いかもしれません。


出典:http://assets.kurashicom.com

また、こんな風に突っ張り棒を傘立て替わりにするアイデアも。


出典:http://pds.exblog.jp



まとめ


いかがでしたか?
突っ張り棒は、クローゼットやキッチン、バスルーム、玄関などで活躍してくれます。
棚やハンガーラック、目隠し、間仕切りと様々な形で暮らしやすい生活をサポートしてくれますよ。
ニトリの突っ張り棒はタイプも5種類あって、長さや強度、デザインが色々と選べます。
是非、この記事を参考にチャレンジしてみてくださいね。

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
98

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP