イケア

組み合わせ自由自在!IKEAの壁面収納棚ALGOT(アルゴート)

組み合わせ自由自在!IKEAの壁面収納棚ALGOT(アルゴート) 出典:http://www.ikea.com
IKEAのALGOT(アルゴート)はベースとなる支柱に棚やバスケット、フック、ハンガーなどのパーツを自由に組み合わせられる収納棚システム。リビングはもちろん、キッチン、仕事部屋、玄関、ガレージなど様々な空間で活用できる人気のアイテムです。
新居や一人暮らしでお部屋をすっきり見せたいなら、まずは収納を考えましょう。
ちょっとやそっと簡単な棚を2,3個置いたくらいでは、収納容量が限定されてしまいますし、インテリアに統一感も生まれません。

部屋のリフォームとまではいかずとも、抜本的に収納の「システム」を考え直すことで部屋は劇的に片付きますし、広くなります。
かといって時間や手間をたっぷりかけている余裕はない。
そんな方には、IKEAのALGOT(アルゴート)がちょうどおすすめです。

ALGOT(アルゴート)シリーズは、ベースとなる支柱に棚やバスケット、フック、ハンガーなどのパーツを自由自在に組み合わせ、自分流にアレンジできる収納システム。
リビングはもちろん、キッチン、仕事部屋、玄関、ガレージなど様々な空間で活用できるので、幅広い用途が人気のアイテムです。

各パーツの配置を簡単にカスタマイズできるので、工夫次第でインテリアセンスを磨きながら、機能的な収納コンビネーションになります。
収納ニーズに合わせてお部屋をコーディネートしながら、オリジナリティあるスタイルで、おしゃれでデザイン性の高い空間を実現しましょう!


ALGOT(アルゴート)のパーツ紹介


それでは、ALGOT(アルゴート)を構成する各パーツについて見ていきましょう。

支柱


まずはベースとなる支柱です。
壁に取り付けるタイプと、通常のタイプがあります。
基本的には、下の画像のように壁に対して縦に2本打ち付けて、そこに棚板やバスケットなどを設置します。


出典:http://www.ikea.com

収納するモノの種類や大きさによって、基本となる収納システムのサイズが変わり、それによって支柱の本数も変わってきます。


出典:http://www.ikea.com


出典:http://www.ikea.com


出典:http://www.ikea.com




続いて棚板ですが、こちらはいくつかの種類が展開されています。
奥行きの浅いものやメッシュタイプのもの、フレームの最上部に取り付けるトップシェルフなど様々あるので、用途に応じて選択しましょう。


出典:http://www.ikea.com


出典:http://www.ikea.com


出典:http://www.ikea.com

バスケット


棚板だけでなく、バスケットタイプのパーツもあります。
こちらもワイヤーバスケットやメッシュバスケット、底の浅いものや深いものが用意されています。


出典:http://www.ikea.com

取り出しカンタンバスケットには、抜け落ちを防いでくれるストッパーが付いており、網目が細かいため小さなモノを入れておくのにも適しています。


出典:http://www.ikea.com


出典:http://www.ikea.com

フック


支柱にはフックを取り付けることも可能です。
フックが左右に回転でき、衣類やタオルなどを掛けるのに最適なフックです。


出典:http://www.ikea.com

種類はシングル、トリプルの2タイプがあるので、場合に応じて使いわけると良いでしょう。


出典:http://www.ikea.com

また、棚板のサイドに取り付けるタイプのフックもあります。


出典:http://www.ikea.com

ロッド・ハンガー


衣類用のハンガーを引っかけるためのロッド(ハンガーレールのようなもの)も取り付けられます。
ブラケットにはめ込むだけで設置可能。


出典:http://www.ikea.com

また、ズボンをかけて置く専用ハンガーもあったりします。


出典:http://www.ikea.com



洗面・浴室まわりでも活躍


素材はスチールなどを用いており、洗面所や浴室まわりのサニタリースペースのような湿気が多い場所でも、安心して使用できます。
小物アイテムを干すスペースや、タオルを掛けておいたりとALGOT(アルゴート)収納棚は、場所を選ばず何処でも活躍してくれますよ。
シンプルなデザイン性で、優れた機能性。


出典:http://www.ikea.com


出典:http://www.ikea.com

シーズンごとに、まとめて整理整頓をするのにもピッタリの家具です。
出し入れもカンタンで、探し物がすぐ見つかるように片付けられる点も、収納家具には必須要素ですよね。


出典:http://www.ikea.com

収納ユニットとして、見せる収納&隠す収納と、どちらでもお好みでスタイリングできます。
ジーンズのようなパンツ類を整理するのにも最適なアイテムですよ。

ちょっとしたスペースを、クローゼットのように活用できるのも助かります。
ボックスなどを用いながら、スッキリとした清潔感ある空間が保てるのもいいですね。


デスクも取り付けられる!



出典:http://www.ikea.com

ALGOT(アルゴート)は、なんとデスクを取り付けることも可能です。

時には勉強机やワークデスクとして活用するのもいいですね。
自宅でお仕事するようなホームオフィス環境の収納兼作業デスクとしても、良いかもしれません。
A4サイズのファイルボックスなどをプラスして、机上を毎日きれいに整理整頓したりと、日々の作業もスムーズに行うことができますよ。

ニトリ、カインズ、無印、コクヨのおすすめファイルボックス15選!素材や形を比較してみた


出典:http://www.ikea.com

また、お子さんの勉強机が必要になった際に、このALGOTを活用するのもオススメかも。
大人になっても使用でき、机が不要になれば、収納棚へと早変わりしてくれたりと、将来性の高い家具です。


ALGOT(アルゴート)の組み合わせ参考例


こちらの動画では、ALGOT(アルゴート)を使った収納システムの参考例が見られます。
組み合わせ次第で、玄関、ランドリー、キッチン、事務所、ガレージなど様々なシーンで活躍できるんですね。




ALGOT(アルゴート)の施工&組み立て方


こういった壁面収納を自宅に取り付けるのは、結構難しいことだと思われがちですが、IKEAのALGOTはとってもシンプルな設計。
こちらの動画をご覧いただければお分かりいただけそうですが、結構簡単なステップで設置できちゃいます。



棚やバスケットなどの付け替えに関しては、工具などは使わず支柱にはめ込むだけで使用できたりと、カンタンにお好みのスタイルに組み立てなおすことができます。
組み立てがシンプルなのもIKEAらしいデザイン。

「一度組み立てたら完成!」というわけではなく、日常生活で使っていくなかで色々と配置を変えられるのも魅力的。
女性だけでも簡単にできるのは嬉しいですね。


IKEAの他の収納アイテム紹介


IKEAには、ALGOT(アルゴート)以外にも人気の収納商品があります。
例えば壁面収納のBESTÅ(ベストー)はリビングにおすすめ
テレビ台なども兼ねた棚を構成できます。
インテリア小物などを置くなら扉や引出しを取り付けられる魅せる収納KALLAX(カラックス)も良いでしょう。

また、可動式の棚板と木目調のデザインが人気のBILLY(ビリー)は、趣味や仕事部屋の本棚によく選ばれています。

MULIG(ムーリッグ)シリーズは同じホワイトのスチール素材なので、ALGOT(アルゴート)と合わせて使うなども良いでしょう。

キッチンまわりの収納なら、こちらの記事を参考にしてみてください。
キッチンのリフォームにおすすめな収納棚・食器棚まとめ【IKEA編】


まとめ




いかがでしたか?
少し大がかりではありますが、収納のリフォームを考えている方は是非IKEAのALGOT(アルゴート)を検討してみてください。
部屋の間取りやインテリアに合わせてパーツを設置し、使いながら自分流にパーツを追加・カスタマイズしていく、まさに理想の収納家具と言っても良いでしょう。

リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、「もっと根本から改善したい!」という考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「タウンライフ」「リショップナビ」などですね。

▼こちらがタウンライフ

▼こちらがリショップナビ


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

タウンライフの公式サイト
リショップナビの公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

本棚・収納の購入前に合わせて読みたい記事BEST3

その他人気の本棚・収納を探す

42

カテゴリー
人気ランキング
TOP