北欧っぽくておしゃれ!イケアのGAVIKはお手頃価格のテーブルランプ

イケア
北欧っぽくておしゃれ!イケアのGAVIKはお手頃価格のテーブルランプ 出典:http://static1.schoener-wohnen.de
GAVIKはリビングや寝室に優しい光を灯してくれるテーブルランプ。価格も1,999円と安くIKEA商品の中でも特に人気のLED照明アイテムです。ガラス素材でカラーはグリーンとホワイトの2色。インテリアを北欧らしくおしゃれにしてくれます。
テーブルランプは照明という役割以外にも、インテリアのひとつとしてお部屋を素敵に飾ってくれるもの。
大きなものから小さなものまでサイズもたくさんありますが、今回はリビング、ダイニング、ベッドルーム、キッチン、どこにおいてもおしゃれなインテリアとして活躍してくれるIKEAのGAVIKを紹介しましょう。
お値段もお手頃価格で、店舗で購入しても持ち帰りしやすい大きさです。

優しくて癒される照明



出典:http://www.ikea.com

GAVIKをキッチンやリビングに飾るとお洒落なインテリアに。
お部屋のイメージを壊さず、そして主張しすぎずに暖かい空間を作り出します。
観葉植物との相性も抜群。
隣り合わせで置くのも、お洒落でお気に入りのコーディネートです。


出典:http://www.ikea.com

暗い部屋で複数のGAVIKを灯すとこんな雰囲気に。
幻想的な空間を演出してくれます。


出典:https://cache.osta.ee

GAVIKは点灯するとこのように明るく、クリアはガラス特有のまばゆい光で、お部屋の雰囲気が変わります。
まるで森の中にいるような、さわやかな気分になっちゃいますね。
ピクニックに出かけて昼寝をしているかのような、そんな雰囲気のくつろぎを与えてくれます。


出典:http://www.ikea.com



GAVIKのカラーバリエーション



出典:https://jp.pinterest.com

GAVIKテーブルランプはフロストガラス製で、グリーンとホワイトの2色があります。
海外のIKEAにはGAVIKの他のカラー、ブルーやパープル、オレンジなどもあるようなのですが、日本国内では現在2色しか販売されていないようです。
手に入らないとなると、なぜか欲しくなってしまいますね。。。
どうしても手に入れたい場合は、輸入品を扱っている通販のIKEA代行ショップなどで手に入ることもあるようです。

日本のAmazonでも販売されているようですね。
IKEA GAVIK ブルー/フロストガラス


また、IKEAの店舗によってはwebカタログには載っていないカラーが販売されているかもしれませんので、一度問い合わせてみると良いかもしれません。


出典:http://juutakudesign.com

基本情報


お値段は1,999円と、とてもお手頃な価格。
サイズは以下の通りです。
 直径: 18 cm
 高さ: 20.5 cm

コードの長さは185 cm。
電球は別売りとなっていて、IKEA商品だと「LED電球 E17口金 200ルーメン 球形 オパールホワイト」がおすすめとなっています。

まとめ



出典:https://bp-ohouse.akamaized.net
いかがでしたか?
サイズも価格もお手頃で、特徴的なデザインのテーブルランプGAVIK。
ベッドサイドに置くなら、寝る前のひとときを、やさしい光で癒してくれそうですね。

リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、もっと根本から改善したいという考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「リショップナビ」などですね。


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

リショップナビ公式サイト

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
23

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP