節水&高水圧シャワーヘッドを交換して使ってみた。ニトリより三栄がおすすめです

節水&高水圧シャワーヘッドを交換して使ってみた。ニトリより三栄がおすすめです
自宅の賃貸マンションのお風呂シャワーヘッドを交換しました。三栄の「REINY(レイニー:PS303-80XA-MW2)」が良コスパだったので購入。大きいヘッドサイズ、節水効果あり、止水ボタン付き、激安価格と最強でした。交換方法や規格の違い、おすすめのシャワーヘッドの買い方を紹介します。
こんにちは。
先日、自宅の賃貸マンションのお風呂に元々付いていたシャワーヘッドを交換してみました。

こちらが交換前のもの。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

それほど不満があったという訳ではないのですが、今時のシャワーヘッドは交換するだけで節水効果があったり、もっと気持ちの良いお風呂タイムを楽しめる、というようなことをテレビで知ったので、別の用事でニトリに行ったついでにシャワーヘッドも見てみることにしました。

しかし、、、

色々調べている中で、シャワーヘッドをニトリで買うのは後から悔しい思いをしそうだなー、と思い、踏みとどまることに。
結果、別のメーカーのシャワーヘッドを購入しました。

シャワーヘッドの付け替え方や規格・形状の違い、交換後の使用感レビューを書いていますので、検討中の方は参考にしてみてください。


目次


シャワーヘッドの種類と主な機能
シャワーヘッドはどこで買う?主要メーカーをまず確認
結論:シャワーヘッドは三栄で選ぶが正解
ただし店頭では買わない!ネットショップで購入がおすすめ
三栄のシャワーヘッド「REINY(レイニー)」
シャワーヘッドの交換方法
使用後の感想レビュー



シャワーヘッドの種類と主な機能


今時のシャワーヘッドには色々な機能が搭載されています。
まずは買う前にこういった機能を確認しておくことがおすすめです。

もちろん価格によってピンキリなのですが、思いつく範囲で挙げるだけでも以下のような機能があります。

節水効果


取り換えるだけで節水してくれる嬉しい機能です。
基本的に2000円以上くらいのシャワーヘッドには大体節水機能が付いています。
ですが、モノによって30%だったり60%だったりします。

止水ボタン


手元にボタンが付いていて、簡単に水を止められる機能です。
これによって更なる節水効果が見込めます。

水量調節


水を止めるだけでなく、量を調節する機能が付いているシャワーヘッドもあります。
ただ、止水ボタンでもある程度の水量調節が出来たりもします。

高水圧(極細シャワー)


ひとつひとつの穴の大きさが小さくなっており、極細のシャワーを高水圧で放出する機能です。
細かい水流と強い圧力を肌へ刺激することにより「マッサージ機能」や「美容効果」として表現される場合もあります。

ヘッド回転


ヘッドの先が縦横に角度を変えられる機能です。
横360度、縦90度まで回転できるものなどは「3D機能」などとして記載されていることもあります。

大きい直径サイズ(多数の穴)


シャワーヘッドのサイズが大きく、穴の数が多いものです。
ホテルのシャワーのように高級感があるものもあります。

浄水(塩素除去)機能


残留塩素を除去し、肌乾燥や髪へのダメージを軽減してくれる機能です。
メーカーごとにその仕組みや性能に違いがありますが、カートリッジの交換が必要になるため、多くは高級品かつランニングコストもかかります。


などなど。

賃貸マンションなどに元々付いているシャワーヘッドは、上記のどの機能も付いていないと考えて良いでしょう。


シャワーヘッドはどこで買う?主要メーカーをまず確認


シャワーヘッドのおおよその機能を把握したところで、今度はメーカーの確認です。

シャワーヘッドは多くのメーカーから販売されています。
三栄(SAN-EI)、アラミック、TOTO、INAX、KAKUDAIなど、水回りを専門にしているメーカーをはじめ、ニトリなどの家具量販店からも出ています。

売り場としては実に様々で、ホームセンターやヨドバシカメラ、ケーズデンキなどの家電量販店、ドンキホーテといったところでも買うことができます。

私も最初はニトリで家具のついでにシャワーヘッドを見ていました。

が、ニトリのシャワーヘッドって、これだけしかないんです。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

商品としては5種類ですね。
私もはじめは「こんなもんか」と思っていて、もちろんここから選んでも全然問題ない訳ですが、調べていくうちにニトリ以外にもシャワーヘッドメーカーがたくさんあることを知り、実際にホームセンターでも見てみることにしました。


すると、、、


こんなにありました。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

めちゃくちゃありますね。

それほどこだわりがある訳ではないですが、シャワーヘッドって一度買ったらその後しばらく使いそうじゃないですか。
どうせなら吟味して納得のいくものを買いたいなーと思って、じっくり吟味してみることに。

ニトリで「ついで買い」も全然悪くはないですが、ホームセンターなどへ足を運んでみるとバリエーション豊富な中から自分好みのものが見つかりやすいと思います。



シャワーヘッド取り付け部分の規格と形状


お買い物に出かける前に、自宅で現在使っているシャワーホースのメーカーだけ確認しておきましょう。

大抵の場合、購入したシャワーヘッドをそのまま取り付けられるか、付属のアダプターで問題なく交換可能なのですが、ちょっとマイナーなメーカーの場合はつなぎ目の形状が特殊で、別売りのアダプターを購入する必要があります。

こちらがホームセンターで掲載されていた三栄(SAN-EI)の規格の一覧です。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

三栄の場合、INAX、TOTOあたりはそのままでOKみたいですね。
ちなみにうちのはLIXIL(リクシル=INAX)だったので、問題なさそうです。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

シャワーホースも取り換えしようと考えている方もご参考ください。

色々なシャワーヘッドを比較検討する中で、我が家の方針が決まっていきました。

・節水効果&止水ボタンは必須
・シャワーヘッドは大き目で
・ただしヘッド部を片手で握れるサイズまで
・極細&高水圧
・ヘッド回転はいらない
・浄水(塩素除去)も高いしいらない
・予算は決めないが安ければ安いほうがいい

となりました。

で、その結果、選ばれたのが三栄のシャワーヘッド「REINY(レイニー)」です。
もう少し正式に言うと、三栄水栓製作所の節水ストップシャワーヘッドのホワイトカラー、型番「PS303-80XA-MW2」というやつですね。



上の売り場の写真で見ると、真ん中くらいに写っている商品です。

パッケージに書かれたウリの機能を紹介すると、以下のような感じ。

・極細ストレート水流
・シャワー面積が広範囲
・節水効果40%+止水効果

これで3,780円だったので、まぁこれならいいなと思い手に取りました。



ただし店頭では買わない!ネットショップで購入がおすすめ


ところが、ふとネットでの口コミが気になったので、スマホで調べてみたんです。

すると、、、


三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換


楽天で2,246円で売ってるんですけどーーー!!!
しかも送料込み!


おおお、危ないところでした!
ホームセンターの戦略に絡めとられるところでした。

1.5倍以上の価格差があるじゃないですか。。。
怖い。

まぁ店頭販売には人件費や運搬費など諸々の事情があって値付けされているのだとは理解していますが、これを知った上で店頭で買う理由は見当たりません。

その場でもっとも口コミの良かった「プロストック楽天市場店」にて購入しました。
(ポイントで。。。笑)




シャワーヘッドの交換方法


後日、といってもたしか翌日か翌々日、商品が到着しました。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

取り付け可能な対応メーカーはこんな感じです。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

SAN-EI、TOTO、INAX、KVK、MYM(太ホース)、KAKUDAI、TBC、YUKO、ミズタニ・ノーリツ・大阪ガスの一部製品に対応しています。

「REINY(レイニー)」のパッケージ記載の機能です。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

パッケージを開けると、本体と付属アダプターが2つ入っています。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

今回は本体のみでOKですね。

説明書も同梱されていました。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

シャワーヘッドが詰まった際の掃除方法も紹介されていますね。

では早速交換していきましょう。

こちらが元のシャワーヘッド。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

このシルバーのつなぎ目部分を全体的に握って、白い本体のみを回転させて取り外します。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

新旧比較してみるとこんな感じ。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

圧倒的なサイズの違い、目の細かさが確認できます。

外した時と逆側に回転させて取付完了です。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

思いのほか簡単ですね。

シャワーを出してみたときの違いも見てみましょう。
こちらが元のシャワー。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

そしてこちらが「REINY(レイニー)」のシャワー。

三栄(SAN-EI)節水&高水圧シャワーヘッドに交換

写真で見比べるだけで、シャワーのあたる面積と水圧の勢いの差が分かりますね。


使用後の感想レビュー


実際に、お風呂に入って浴びてみた感想としては、

・シャワー面積が広いので、洗髪の際に頭をほぼ動かさなくてよい
・極細の高水圧が気持ちいい
・以前より蛇口をひねらなくてもよい
・止水できるのが便利

といった具合でした。

価格2,246円でこれだけお風呂体験がグレードアップするのは、もう大満足ですね。
買って良かったと思いました。

というかもっと早く買えば良かったですね。

シャワーヘッドが壊れて水漏れしたり、カビがはえたりというのは少ないケースかもしれませんが、この価格なら修理に出すというよりは買い替える方が早くて安いでしょうね。

皆さんもマンション備え付けのままのシャワーヘッドをお使いの方は、是非交換を検討されることをオススメします!




こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
200

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP