肌触りふわふわ!IKEAのOFELIAは毛布やソファカバーにおすすめ

イケア
肌触りふわふわ!IKEAのOFELIAは毛布やソファカバーにおすすめ 出典:http://www.ikea.com
IKEAで人気の毛布OFELIAの紹介です。ふんわり素材の柔らかな感触でソファやベッドとの相性が抜群。素材はポリエステル80%で洗濯機も使えます。伸縮性もありベッドカバーやソファカバーとしても利用可能。3色カラーから選べるおすすめのファブリック商品です。
まるでシャツをまとうかのよう。
IKEAのOFELIAはふんわり素材で生地の肌触りが良く、心地よく身体を包んでくれます。

その柔らかな感触は、赤ちゃんにも優しい肌触り。
ポリエステル80%の素材なので、乾きも早く洗濯機で安心してお洗濯が出来ます。


出典:http://www.ikea.com

使わない時は、サッとくるんで置いていても部屋馴染みが良いおしゃれ感を演出。
セーターなどに多く使用されているアクリル素材も入っているので、ふっくらと柔らかな風合いで暖かい素材です。
野外キャンプなどにも一つあれば、温度の下がる夜などでも、大人二人がサッとくるまることができます。


出典:http://www.ikea.com

使い道は一つでは収まらない機能性



ここからは、OFELIAの多機能さについて触れたいと思います。
商品カテゴリーとして「毛布」と称されるOFELIAですが、もちろん毛布としての利用の他にも、ベッドカバーとして利用されています。
その驚くべき伸縮性で、しっかりとしたカバー力には驚かされます。

柔らかく肌触りの良い触り心地ですが、しっかりとベッドシーツにフィットし、空気を入れ替えるために窓を開け、風が舞い込んでもズレることはありません。

通常のベッドカバーだと、しっかりとカバーリングをしないと、逆に乱れた雰囲気が出てしまうのですが、そんな心配もありません。


出典:http://www.ikea.com

ベッドカバーとしてでなく、急な来客時に隠したい場所や、部屋の隅に畳んでおいた布団などにも、サッと広げるだけで十分な目隠しになります。
狭いスペースでも見せる収納やカバー力で、お部屋の雰囲気を一歩上級にしてみませんか?


出典:http://2.bp.blogspot.com

また、ソファーのカバーにも利用できます。
サイズが130cmx170cmなので、ラブソファなどにピッタリ!

伸縮性があるので、最大180cmサイズまで対応します。
サッと広げて座面の背もたれ部分の間にササッと押し込むだけで、ソファーをしっかりとカバーできます。


出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

カラーは3色展開


ホワイトは程よい透け感があるので、濃い色のソファーなどにはベージュとブラウンのカラー展開もあるので、是非お試し下さい。
季節やその日の気分に合わせてお部屋のイメージを変える事もできますよ!



出典:http://www.ikea.com

何気ない一枚の生地でも、ただサッと広げるだけで雰囲気が変わる。
清潔感あるホワイトは、殺風景な雰囲気をも同時に醸し出しますが、この一枚でグッとお部屋の雰囲気を高めてくれます。

さすがのデザイン性と、IKEAならではの機能性。
北欧デザインとはいえ、日本伝統の着物の総絞りを連想させるような生地です。
価格は2,299円。

透け感のある生地ですが、驚くほどの伸縮性があるので、お洗濯のあとのシワなどの心配も一切無いのが嬉しいですね!

リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、もっと根本から改善したいという考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「リショップナビ」などですね。


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

リショップナビ公式サイト

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
37

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP