100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

100均ダイソー
100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた
100均ダイソー&セリアの印刷できるプラバンとUVレジンを使って、アクセサリー(ストラップキーホルダー)をDIYで作ってみました。プリンターでの印刷からカット、オーブントースター(電子レンジ)での焼き方、レジンの塗り方のコツなど作り方を解説しています。
先日、5歳の子供がスパイダーマンや戦隊モノのおもちゃをひたすら欲しがるので、何とかならないものかと色々と探していました。
色々見ているんですが、そんなに買い与えるのもなーと思いつつ、何かいい方法はないかなと。

で、ふと見つけたのが100均の「印刷できるプラバン」。


「コレだ。。。!!」


気づいたときには既にダイソーとセリアに自転車で向かっていました。笑

自分で絵を描くとなると、私の画力ではスパイダーマンなど上手く描けるはずもなく。。。
せいぜい子供が書いた絵をキーホルダーにするくらいしか出来そうもなかったのです。

ところが最近はダイソーやセリアなど100円ショップで「印刷できるプラバン」が売られているんです!
これは名前の通り、プリンターで写真や画像をプラスチックシートに印刷して、それをプラバンに出来るという商品。

これなら売り物のキーホルダーと変わらないくらいのプラバンアクセサリーが作れそうな気がします。


プラバンとは?


プラバンとは、プラスチックの板に色鉛筆やペンで絵を描いて、オーブントースターなどで焼くことで縮めて固める遊びです。
子供のころに経験したことのある方も多いでしょう。

最近はプラバンでおしゃれなアクセサリーをDIYするのも人気ですよね。


出典:https://i-h2.pinimg.com/

プラバン作りに必要な材料


調べてみたところ、今回のプラバン作りに必要な材料は以下の通り。

・印刷できるプラバンシート
・UVレジン
・ストラップのひも


これだけです。
全部100均で売られています。

その他、自宅で用意するものとしては、

・オーブントースター(電子レンジのオーブン機能)
・新聞紙
・つまようじ


くらい。

UVレジンは表面のコーティングのために購入しました。
シンプルなもので良ければ使わなくても大丈夫ですが、表面のインクが剥げたりするのでやはり何かしらコーティングすることをお勧めします。

水性ニスやマニキュアのトップコートなどでもコーティング可能ですが、ぷっくりと立体的なキーホルダーにしてあげたかったので、今回はUVレジンを買うことににしました。


ダイソーとセリアでプラバン材料を購入


というわけで、まずはダイソーに到着。

店内をウロウロして、、、

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

見つけました。

手芸コーナーにありました。
最近は編み物やビーズなどダイソーにはDIY系のアイテムが非常に豊富にそろっていますねー。

プラバンシートも色々なサイズやタイプがありました。
色も透明と白がありますね。

印刷ができるタイプのプラバンはこちら。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

ハガキサイズの白いプラバンシート3枚入って100円です。

作り方も裏側に詳しく書いてあるので安心です。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

さらに、同じく手芸コーナーでUVレジンをゲット。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

ラメ入りも試したかったので合わせて2本購入してみました。

お次はストラップのひも。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

これはどういったアクセサリーにするかで自由に変更してください。

ダイソーの次はセリアに向かいました。
一応、セリアにもどんなものが売っているのか見ておきたくて。

で、店内を見ていると、やっぱりありました。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

ダイソーと同じでハガキサイズ3枚で100円。

UVレジンもありましたが、セリアの方が種類が豊富ですね。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

ただ、チューブに入っている容量はダイソーが5g、セリアが4gなので、ダイソーの方が少しお得ですね。


印刷できるプラバンを使ったキャラクターアクセサリーの作り方


印刷&カット


では、早速作っていきましょう。
今回は子供のリュックに付けられるような、スパイダーマンのストラップ的なアクセサリーを作ります。

まずはスパイダーマンの画像探し。
今回はこちらを拝借しました。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

それからプリンターで印刷します。
用紙サイズを「はがき」にして、画像が全部収まっていればOK。

プリンターにプラバンシートをセットします。
このとき、ざらざらになっている面が印刷される面になるようにセットしてください。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

うちのプリンターはCanonのMG4230で前面給紙です。
背面給紙ではないためプリンター内で用紙が折り曲げられるので少し心配ではありましたが、結果的には問題なかったです。

無事、印刷できました。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

ちょっとギリギリすぎましたがセーフです。

ではこれを型通りにハサミでカットします。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

この作業が一番時間かかります。。。
あまり複雑すぎるものはオススメしません。

また、印刷したインクが完全に乾いてからカット作業に入りましょう。
インクの部分にこすれて触れたりするとその部分が剥げてしまいます。

電子レンジのオーブン機能で焼く


プラバンといえばオーブントースターで焼くのが一般的ですよね。
しかしうちのトースターはポップアップ式なので、プラバンは焼けません。

しかし、調べてみると電子レンジのオーブン機能があればプラバンは焼けるとのことだったので、その方法を試してみました。

オーブンのボタンを押して、温度を160℃にセットしてまずは余熱します。
余熱をすることでムラなく反りなくまっすぐな物が出来上がりやすいようです。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

そして新聞紙を敷いて、その上にプラバンを置いて加熱スタート。

ものの数秒で縮まりました!
最初は思いっきり反り曲がるので少し不安になりますが、少し経てばまっすぐになります。

ここで注意点ですが、電子レンジのオーブン機能を使う場合、アルミホイルは絶対に使用してはいけません。
スパークして火災の原因になるので、敷くものとしてはクッキングペーパーや新聞紙などの紙類などが望ましいかと思います。

通常のオーブントースターで焼く場合はアルミホイルでOKです。

さて、こちらが出来上がったもの。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

取り出したら、プラバンが熱いうちに重しを乗せて反りを完全に平面にします。
数分待機しましょう。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

さて取り出したものがこちら。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

元の画像に比べると縦の大きさは1/2よりも少し小さいくらいでしょうか。
色がずいぶんと濃くなるので、プリンターや画像ソフトの設定などで濃さを調節できるのであれば、少し薄めで印刷すると良いでしょう。

厚さは1mmくらいになります。

UVレジンでプラバンをぷっくり立体に仕上げる


このままでは表面を爪などで引っ掻くとインクが剥げてしまいますので、UVレジンでコーティングします。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

ダイソーのUVレジン(ハードタイプ)を表面に垂らして、つまようじで伸ばしていきます。
気泡はつまようじを刺して潰しましょう。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

塗り終えました。

UVレジンは紫外線で固まりますので、太陽光に照らしておけば乾きます。
ベランダに1日放置します。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

ネイルアートなどで使われるUVライト(紫外線照射機)を使えばものの数分で固まるので、持っている方はその日の内に完成できますよ。

使わない場合は、完全に固まるまでは身長につまようじなどで確認しましょう。
下手に指で触ってしまうと、指紋がべったりと残ってしまいます。

ストラップを付けて出来上がり


さて、次の日のお昼に見てみると、表面はしっかり固まっていました。

しかし、裏側にUVレジンが漏れた部分はまだべとべとしていました。
ので、ウェットティッシュでふき取ります。

こんな具合になりました。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

今回は取り外しが簡単なダイソーのストラップを付けてみました。
最終的に完成したのがこちら。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

いい感じですね!

子供のリュックに付けてもしっくりきます。

100均ダイソーの印刷用プラバンとUVレジンでアクセサリーを作ってみた

うちの息子はどうやらこのマーベルシリーズが好きなので、他のキャラクターや戦隊モノのイラストなんかもアクセサリーに出来ると思います。


まとめ


さて、100均の印刷できるプラバンとUVレジンを使ったストラップアクセサリーの作り方についてご紹介してきました。

トータル300円ですが、プラバンシートはあと2枚残っていて、UVレジンもまだまだあります。
ストラップも10本入りなので残り9本。

これならコスパが抜群ですね。笑
またおねだりされたら作ろう。

他にもピアスやイヤリング、ヘアゴム、ネックレスといったアクセサリーにもプラバンは活用できると思います。
今回はダイソーのみの材料で作りましたが、おそらく場合によってはセリアのアイテムも有効活用できるでしょう。

手作り感のあるハンドメイドアクセサリー作りを試してみてくださいね。


リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、もっと根本から改善したいという考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「リショップナビ」などですね。


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

リショップナビ公式サイト

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
227

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP