ニトリ イケア

ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!

ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選! 出典:https://i-h2.pinimg.com/
ニトリ、北欧IKEA、楽天のおしゃれなキッチンマットまとめです。防水・抗菌・防カビ加工や洗濯可能なもの、透明タイプ、好きなサイズにカットできるもの、滑り止め仕様など、おすすめのキッチンマットをご紹介。素材ごとの違いや後悔しないための選び方についても解説しています。
水や油がはねたり、食材を落としてしまったりと、キッチン周りは何かと汚れてしまいます。
また、冬場は足元が寒かったりもしますね。

本来、便利なアイテムのはずのキッチンマット。
なのですが、「ずれる」「滑る」「掃除機に引っかかる」など、使い勝手が悪いと日々のストレスもたまってしまいます。

今回はキッチンマットにはどのような種類や機能があるのか、選び方のポイントや注意事項は何なのかを中心に、ニトリ、IKEAや楽天でも人気のアイテムを、選りすぐってご紹介していきます。

キッチンマットの役割


まずはじめに、キッチンマットの役割についておさらいしてみましょう。

汚れを防ぐ


一番わかりやすいのが、調理中の汚れが床につくのを防いでくれることです。
油はねや、食材をこぼしてしまったときなど、なにかと汚れが飛び散ります。

その汚れを放置していまうと取れなくなって大変です。
敷くことによって「飛び散った汚れを防いでくれる」というのが、キッチンマットの基本的な役割です。

寒さを緩和する


スリッパを履かない人にとって、冬場の足元の冷えは辛いですよね。
低い位置の冷気はもちろん、床からくる底冷えで冷え性が加速してしまったりもします。

キッチンマットは、床から直接くる冷たさをシャットアウトしてくれる役割があります。
ある程度毛足のある商品だと、絨毯と同じように暖かいですが、汚れが落ちにくいというデメリットもあります。

衝撃を吸収する


調理中は、キッチン内を動き回ることも意外と多く、足が痛くなってしまう場合もあります。
クッション性がある素材だと、その分、足にくる衝撃を吸収してくれますね。

衝撃を吸収するのは、人だけではありません。
食材を落としたときにも活躍してくれます。

特にソースのようなものをこぼしてしまった場合、何も敷いていないと飛び散る範囲はかなり広がってしまいます。
キッチンマットを敷くことによって、落とした食材が広範囲に飛び散ることを防いでくれます。

キッチン内の印象を変える


一日の長い時間を過ごすキッチン。
できればお気に入りのインテリアに統一したいものです。

小物などにこだわるのもよいですが、キッチンマットは面積も広くとるので印象を変えるのには最適。
お気に入りのカラーやデザインで、気持ちよくキッチンに立ちたいですね。

気分や季節によって、好きなデザインに変えるのもおすすめです。

キッチンマットの種類



出典:https://i-h2.pinimg.com

キッチンマットには様々な種類があります。
使い勝手が良く、主によく見かける3つのタイプをそれぞれ見ていきましょう。

繊維タイプ


昔からある定番商品なのが、絨毯などと同じ肌触りの繊維タイプです。
素材の種類によって機能も異なりますが、基本的には繊維で当たりも柔らかく冬場でも暖かいのが特徴です。

また、汚れが付着しやすいので、洗濯機などで丸洗いできるタイプを選ぶとよいでしょう。
反面、汚れが付着しやすいということは、周りに汚れを広げにくいとも言えます。

スリッパなどを履いていると、汚れを踏んでしまったことに気が付かずに、動き回ることで汚れを周りに広げてしまうこともあるので、このような場合は繊維タイプは優秀といえます。

このタイプは種類が豊富で、サイズやデザインも多くのアイテムから選ぶことができます。

水拭きできるタイプ


ここ数年で人気が高まっているのが、塩化ビニール素材などでできた水拭きができるタイプです。
表面がつるっとしているので、水分などをこぼしてもさっとふき取ることができてお手入れも簡単。

キッチンマットだけではなく、食べこぼしが気になる食卓テーブルの下に敷いてもよいですね。

タイルタイプ


素材は様々ですが、複数枚のマットを組み合わせてキッチンマットとして使うタイプです。
汚れた部分だけ洗濯することができるので便利な反面、掃除などの際には一枚ずつよけたりしなければいけないので、やや手間になるかもしれません。

とはいえ、敷く場所の大きさや形を選ばないので、使い方によっては大変便利なアイテムになります。

キッチンマットの便利な機能


キッチンマットを使うときには、使い勝手にもこだわりたいですね。
また、安全面や衛生面のポイントも押さえておくと安心です。

水拭き可


塩化ビニール素材など、水拭きができる機能はとても便利です。
繊維のタイプだと、洗濯しても汚れが落ちにくかったりもしますが、水拭きができるタイプだとさっと拭くだけできれいな状態を保てます。

洗ったり乾かしたりする手間がないのもうれしいですね。

洗濯


洗濯方法が手洗いなのが、洗濯機可なのかもチェックしておきましょう。
サイズや素材によっては手洗いのみのものもあり、大きい物は意外と大変です。

大体のものは洗えますが、素材によって中には洗えないものもあるので注意が必要です。



滑り止め


使うたびにマットがずれてしまうと、ストレスたまりますね。
滑り止めがマットと別々だと気になる場合は、できるだけ裏面に滑り止め加工がしてあるものを選ぶとよいしょう。

また、掃除機をかけるときに吸いこんでしまったりするのも、ストレスがたまります。
できればペラペラの素材ではなく、ある程度しっかりした素材を選ぶとよいでしょう。

吸いつくのが嫌な場合は、床にぴったりと吸着してくれるよくな加工をしているものもあるので、検討してみてください。

防炎


キッチンではコンロで直火や油を使います。
布物は燃えやすいので、普段から気をつけてはいても、万が一のことを考えて防炎加工がされているものがベターでしょう。

抗菌、防カビ


こまめに掃除や洗濯をしても、食べ物のカスなど目に見えない汚れも発生してしまいます。
抗菌加工や防カビ加工がされているものだと、安心して使うことができますね。

サイズ調整


基本的には、キッチンの大きさは規格としてある程度決まっていますが、中には特殊な形だったり、床に物を置いたりするなどで、サイズが合わないこともあります。

そんなときに便利なのが、サイズ調整できるキッチンマットです。
大きさに合わせて、敷く枚数で調整できるタイルタイプや、ハサミやカッターで簡単にカットできる「サイズ調整機能」があるとぴったりのサイズで使うことができるので、とても便利ですね。

キッチンマットの選び方、注意点


キッチンマットには様々な種類があります。
その中でと、選ぶときのポイントは以下の通りです。

サイズ


汚れ対策としては、キッチン全体をカバーするのが最適ではありますが、お手入れの方法などによってはあまり大きなものを使いたくない場合もあるでしょう。
大きさは目的や好みによって選んでもよいですが、できればコンロの周りには敷いておきたいところです。

掃除をしていると、炒め物などの油はは思ったより遠くまで飛び散っていることに気が付くでしょう。
遠いところでは、1メートル以上の場所まで汚れがついていることもあります。

すべて100パーセントカバーすることはなかなか難しいですが、コンロの横幅プラス20cmくらいあるとある程度はカバーできるでしょう。

素材


繊維タイプは、素材によって機能や質感が大きく異なります。
洗濯のしさすさや乾燥のスピードで考えると、化学繊維が一般的でしょう。

水を弾く素材や、マイクロファイバーのように肌触りもふわふわな素材など、それぞれ特徴があります。
天然素材にこだわり、素足で気持ちよく使いたいという場合は、綿や麻100パーセントのものもよいですね。

機能


水拭きができたり、洗濯機で洗えたりなど様々な便利機能があります。
前項の「便利な機能」のところでご紹介しているので、詳しくはそちらを参考にしてみてください。

デザイン


塩化ビニールなどでは、床のフローリングに合わせた木目調のものなどもあります。
あまり存在感を出したくないときなどにおすすめです。

反対に、インテリアとしてお気に入りのデザインで構成したい場合は、柄や模様にこだわったものを選びたいですね。
お気に入りのキャラクターやカラーなどで、気持ちよく調理をすることができるでしょう。

タイルタイプでは、並べ方によって違ったデザインを楽しむこともできるのでおすすめです。

ニトリのおすすめキッチンマット


キッチン用フロアマット(キカ GY 45X120)


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

ほどよい厚みでクッション性にも優れたキッチンマットです。
洗濯ネットを使用し、洗濯機洗いが可能です。

インパクト強めなデザインも落ち着いたグレーカラーと組み合わせることによって、ナチュラルにもスタイリッシュにもコーディネートすることができそうです。

サイズ 幅45×奥行120cm

お手入れ簡単 木目調フロアマット


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

こぼしても、さっとふき取れるのが便利なフロアマットです。
撥水機能以外にも、抗菌防カビ、防炎とうれしい機能が満載。

木目調のデザインで、ナチュラル、ライトブラウン、ブラウン、その他のカラーから選ぶことができます。
サイズも長さの異なる3種類を展開しています。

サイズ 50cm×120cm、50cm×180cm、50cm×240cm

貼ってはがせる フロアシート(テラコッタ)


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

好きな大きさにカットして使える、テラコッタ調のフロアシートです。
貼るのはもちろん、はがすのも簡単でシールの跡が残りにくい工夫がされています。

本体は防水過去の加工が施され、汚れてしまってもふき取ってお手入れができるので、洗濯する手間がありません。
表面の耐久力にも優れ、傷がつきにくいのが特徴です。

お部屋のイメージチェンジにもおすすめです。

サイズ 幅45cm×120cm、45cm×180cm、45cm×240cm



フロアマット(レクサ)


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

ふわふわの手触りの柔らかい素材を使用した、エレガントなデザインのキッチンマットです。
裏面は滑り止め加工がされています。

サイズは3種類、カラーは、グレーとレッドパープルの2色展開です。

サイズ 幅45cm×120cm、45cm×180cm、45cm×240cm

お手入れ簡単 キッチン用フロアマット モロッコ(BL)


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

美しい模様が特徴の、キッチン用のフロアマットです。
幅はやや広めの60cm。

奥行きがあるキッチンでも使うことができます。
防炎、抗菌、防カビ、滑り止めなど機能にもこだわっています。

サイズ 幅60cm×120cm、60cm×180cm、60cm×240cm、60cm×270cm

IKEAのおすすめキッチンマット


BRATBJERG ブラットビェリ


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

裏側には滑り止め加工がしてあるので、フローリングなどでも使いやすいキッチンマットです。
色味を抑えたシックでスタイリッシュなデザインは、どんな部屋にもマッチしてくれますね。

サイズ 幅45cm×長さ120cm

BRYNDUM ブリンドゥム


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

鮮やかなグリーンカラーで、敷くだけでキッチンを爽やかな雰囲気にしてくれます。
滑り止め加工も施されているので滑って転倒する危険を減らしてくれます。

サイズ 幅45cm×長さ120cm

AUNING アウニング


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

フローリングを含む、すべての床で使うことができます。
床暖房にも対応してるもうれしいですね。しなやかな素材を使用し、吸水性速乾性にも優れています。

おしゃれな模様は、ひとあじ違ったキッチンを演出できそうです。

サイズ 幅45cm×長さ120cm

楽天のおすすめキッチンマット


My Kitchen Style 北欧 キッチンマット


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

踏み心地にこだわった高品質な生地を、自社工場でしっかりと縫製。撥水効果で、お手入れも簡単です。
裏側にはもちろん滑り止め加工済み。

形は、ノーマル、ゆりかご、ピーナッツ型の3種類から選ぶことができます。
別途料金でサイズオーダーも可能です。

サイズ 幅65cm×長さ240cm(他サイズもあり)





イッソ・エッコ トリコリコ インテリアロングマット


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

ナチュラルな色合いが優しい北欧風デザイン「トリコリコ」シリーズのキッチンマットです。
キッチンはもちろん、廊下やベッドマットとしてもお使いいただけます。

カラーは爽やかなグレー系と暖かみのあるベージュ系の2種類です。

サイズ 幅45cm×長さ240cm



汚れてもサッと拭ける!クリアキッチンマット 60x240cm


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i.pinimg.com

水や汚れに強い、PVC製のクリアマット。50℃までの耐熱性があるので、床暖房でも使うことができます。
ハサミでカットして、お好みの大きさにすることもできるので、置く場所を選ばずに敷くことができます。

サイズ 幅60cm×長さ270cm



ドクターマット Lサイズ


ニトリ・IKEA・楽天のおしゃれなキッチンマットおすすめ12選!
出典:https://i-h2.pinimg.com

産業医監修、足腰に優しい体圧分散効果が期待できるマットです。
約2cmの厚みでゆっくり沈み込み、腰や足などにかかる負担を軽減してくれます。

つまずに防止用に、縁は約3mmの傾斜がついています。
表面の撥水加工で、水分もさっとふきとれてとても便利。



まとめ


色々なキッチンマットをご紹介してみましたが、そもそも、キッチンマットを「敷く」派、「敷かない」派と分かれることも多いかと思います。

それぞれのメリットと、機能や使い方を賢く理解して、便利に快適に過ごしたいものですね。
ぜひ、お気に入りのキッチンマットを見つけて、調理の時間をより楽しみましょう。

リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、「もっと根本から改善したい!」という考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「リショップナビ」などですね。


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

リショップナビ公式サイト

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
240

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP