無印良品のシリコン調理スプーンが優秀すぎる!多目的に使えてキッチンすっきり

無印良品
無印良品のシリコン調理スプーンが優秀すぎる!多目的に使えてキッチンすっきり
無印良品のシリコン調理スプーンの口コミレビューです。炒める、すくう、ひっくり返すなど様々な調理に多目的に使えるので、木べらやお玉などが必要なくなり調理器具の断捨離におすすめ。シリコン製なのでフライパンも傷つけません。匂いもなくスープの味見などにも便利です。
ナチュラルで高品質、それでいてシンプルでおしゃれなデザインが魅力の無印良品。
家具やインテリア雑貨など口コミも良く、私も無印のアイテムは色々使わせてもらっています。

ある日、テレビを見ていると無印良品のシリコン調理スプーンが紹介されていました。
凄く使いやすくて便利そうな紹介のされ方をしていて、さっそく神戸ハーバーランドumieの無印良品へ行く機会があり、さっそく購入!

850円という価格は、まぁ100均など他のメーカーに比べると高めではありますが、無印ブランドと口コミの高評価を見て、安心して買いました。

無印良品のシリコン調理スプーンは何かと便利



出典:https://i.pinimg.com

シリコン製なので、フライパンを傷つける心配がなく、ありそうでなかったスプーンの様な形なので、炒める、すくう、ひっくり返すという作業が全部できる所がとても便利です。

そして、見た目もシンプルなので、卓上での料理の取り分けにも使えます。
シリコン製だと調理素材によっては着色してしまいますが、黒色なのでまったく気になりません。

実際に使ってみた感想としては、大きさはフライパン調理にも鍋調理にもちょうど良く、鍋に入れた状態で煮込み料理をしても持ち手が熱くなることも無く快適に使用できました。

色々な調理に使えるということは、今まで分けていた器具がひとつでまかなえるということなので、今まで使っていた木べらや金属のフライ返しなどが必要なくなり、キッチンが片付きますよね。

今まではフライパンのコーテイングが剥がれないように、気を使って混ぜていたのですが、このシリコン調理スプーンなら、接触面も小さくあたりも柔らかいので、少々乱暴に扱っても良く助かります。

炒飯やオムライスが作りやすくなる!


特に調理しやすくなったのは、炒飯やオムライスです。
特に炒飯は炒めやすいです、スプーンの腹で潰すように焼き付けながら混ぜるとパラパラっとした炒飯ができますよ。

お皿に移す時も、中華屋さんのようにスプーンに乗せてひっくり返して盛り付けると、半円の炒飯盛りができて美味しそうでした。

おおむね気に入っているのですが、ただ1点だけ不満があります。
シリコーン素材なのである意味仕方がないのかもしれませんが、料理の味が染み込んでいっている気がする事です。

シリコン調理スプーンでスープをすくってそのまま味見をすることが、たまにあるのですが、何か別の味が邪魔して味がわからないのです。

最初は気づかなかったのですが、何度もおかしいな…と思っていて、ある時このスプーンが原因なんだとわかりました。
とはいえ、洗って乾燥したものは、変な匂いがするわけではないので、どういう理由なのかはわかりません。

料理自体の味が変わるということは無いので、気にせず使用していますが、どういうことなのか?ちょっと気になっています。

と、この一点だけ改善できたらいいなと思っていますが、シンプルな形、色、使いやすさ、価格などすべて素晴らしい商品だと思います。

お料理をちょっとでも楽にしてくれる調理アイテムですので、是非お試しください。


リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、もっと根本から改善したいという考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「リショップナビ」などですね。


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

リショップナビ公式サイト

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
202

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP