イケア

フットスツールは収納付き!IKEAの低価格ソファKIVIK(シーヴィク)が超おすすめ

フットスツールは収納付き!IKEAの低価格ソファKIVIK(シーヴィク)が超おすすめ 出典:https://i.pinimg.com
IKEAの低価格ソファKIVIK(シーヴィク)の紹介です。1~3人掛けソファだけでも利用できますが、寝椅子とセットにするとベッド替わりになります。またソファーカバーも北欧らしい様々なデザインから選択可能。IKEAのおすすめ人気ソファです。

KIVIK(シーヴィク)について


ソファと言えばインテリアの主役とも言える存在。
居心地よくくつろげて、なおかつオシャレなデザインであることが要求される一方で、大きめの家具なのでお値段もそれなりにしますよね。

だからこそ失敗はしたくない!
そんなあなたに、今回はIKEAのKIVIK(シーヴィク)を紹介しましょう。

IKEAには様々なタイプのソファが販売されていますが、中でもKIVIKは低価格でありながら顧客満足度の非常に高いソファとして認知されています。
1~3人掛けのソファだけでも利用できますが、寝椅子(カウチ)とセットにして利用することが可能だったり、収納付きのオットマン(フットスツール)を追加できたりと、バリエーションに富んだコーディネートが可能です。
またソファーカバーもたくさんの種類が用意されているので、お部屋の印象に合わせたデザインや色合いのものが見つかりやすいという点も人気の理由の一つです。


KIVIKの特徴・魅力


多種多用なコーディネート


KIVIK(シーヴィク)の特徴としてまず最初に挙げられるのが、コーディネートの応用性の高さ!
KIVIKには1人掛け、2人掛け、3人掛けのシートに加え、寝椅子(カウチ)、オットマン(フットスツール)といったオプショナルな商品が揃っています。
なので自分の部屋の広さ・形状に合わせたオリジナルなソファを構成することが可能。
いくらソファそのものがおしゃれであっても、部屋にマッチしなければインテリアが美しくなることは期待できませんよね。


出典:http://3.bp.blogspot.com


出典:http://images.locanto.hk


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

2人掛けソファに寝椅子をくっつけてベッド替わりにするも良し、3人掛けソファにオットマン(フットスツール)をテーブル替わりに用意するも良し、1人掛けソファを並べるも良し。
自分だけのソファを作り上げることができちゃいます。



豊富なバリエーションのソファーカバー


さらに嬉しいのがIKEAのKIVIKはソファーカバーのバリエーションが豊富である点。


出典:http://www.elementsathome.com.au


出典:https://www.sofacoversjm.co.uk

公式サイトで確認できる範囲で、グレー、ブラウン、ベージュ、ダークブルー、ライトグレー、ダークグレー、ホワイト、レッドライラック、グレーブラウン、ダークブラウンの10色。
これだけあったら、何かとお部屋に合わせられそうですよね。
北欧らしいおしゃれなインテリア空間を演出するベースカラーにふさわしい色合いが多いです。

また、 カバーは取り外して洗濯機で洗えるのも嬉しいところです。

フットスツールは収納付き



出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com


出典:http://www.herworldplus.com

ご覧のとおり、KIVIKのフットスツール(オットマン)は中が空洞となっており収納ボックスとして利用できます。
ちょっとしたものを収納しておけて、片付け&取り出しも簡単。
これは結構嬉しい機能性です。

KIVIKのコーディネート事例の紹介


ソファカバーとクッションの組み合わせで印象もガラリ


ソファカバーの色は10色展開でしたが、そこにULLKAKTUSやRÖDARVといったIKEAのクッションを組み合わせるとインテリアの印象が大きく変わったりします。


出典:http://comfort-works.com


出典:https://media-cdn.tripadvisor.com


出典:http://images.styleroom.se


出典:http://static4.devote.se

IKEAには実に多くの種類のクッションカバーが揃っているので、部屋とソファの雰囲気にマッチするクッション&カバーをきっと見つけられるでしょう。
もちろんIKEAのクッションでなくても全然OKです。

寝椅子とオットマンをセットで


ソファだけでも十分居心地のよいリビングを実現できそうですが、そこに寝椅子(カウチ)やオットマン(フットスツール)を併せて設置すると、さらに寛ぎやすい空間を作り出すことができます。


出典:https://s3-us-west-2.amazonaws.com


出典:https://a2.muscache.com

寝椅子をダブルで!!



出典:http://www.decorablog.com

こちらは寝椅子(カウチ)をダブルで並べて使ったコーデ。
間に木製のベンチを挟むだけで、ずいぶんと印象が変わります。
寝椅子をベッド替わりに、ベンチをサイドテーブルに活用した面白い事例。



寝椅子をトリプルで!!!



出典:http://theavarice.com

これは贅沢な使い方ですね。。。
寝椅子を3つ並べてベッド替わりに。
ものすごく寛げそうです。

KIVIKの使用感に対するレビュー・口コミ


では、実際にKIVIK(シーヴィク)を使っている人たちの評判はどうなのでしょうか。
商品に対する口コミを見てみましょう。



















やはりソファにIKEAのKIVIKを選択するという方は結構いるようですね。
あまりネガティブな口コミは少なく、他の人にもおすすめしている声が多かったように思います。
お値段も他メーカーのものよりも比較的安いので、コストパフォーマンスという面でも優秀なのでしょう。

KIVIKの組み立て方


まず、KIVIKシリーズに限らず、IKEAのソファは他の商品と同じく自分で組み立てる必要があります。
寝椅子(カウチ)のフレームだけでも男一人で持つには厳しいくらいのサイズと重量。
店舗で購入して車に運べるかどうか、スペース的に積めるかどうか、それを組み立てられるかどうか、各フェーズでの想定をしておきましょう。。。

組み立て自体はそれほど複雑ではないので、構造的に簡単と言えば簡単です。
ただし一つ一つのパーツが大きいので、段ボールをはがずだけでも一苦労。マットにカバーをかけるだけでもう一苦労。
それぞれをつなぎ合わせるのに、、、と結構な重労働を強いられます。
組み立てに慣れていない男性1人ならば、数時間は覚悟しておくのが良いでしょう。

こちらが組み立ての様子を早送りで見た動画。


組み立てに苦労する反面、出来上がったときの愛着はわきますよ。



基本情報と価格


名称:KIVIK(シーヴィク)

3人掛けソファ



出典:http://www.ikea.com
価格:49,990円

2人掛けソファ



出典:http://www.ikea.com
価格:55,990円

寝椅子(カウチ)



出典:http://www.ikea.com
価格:36,990円

フットスツール(オットマン)



出典:http://www.ikea.com
価格:19,990円

最新の情報はIKEA公式サイトにてご確認ください。

また、実際にIKEAの店舗へ行ってみると、ソファ製品などは何かしらセールの対象となっていることも多いです。
先日(2017年3月)、IKEAストア鶴浜店へ行ってみると、KIVIKのソファがセールで割引となっていました。

KIVIK(シーヴィク)の特価セール販売

正確に言うとソファフレームではなく、ソファカバーが29,990円から18,990円になって、合計金額が11,000円割引になっています。

また、店舗の最後の方にあるアウトレットコーナーでは、KIVIKの寝椅子がセールになっていました。

KIVIK(シーヴィク)のアウトレットセール販売

カバー付きの寝椅子が38,990円から27,290円になっています。
もちろんアウトレットなので少し傷や汚れが付いていたりする可能性がありますが、確認してみて問題なさそうなら購入を検討してみるのもアリでしょう。

ちょうど寝椅子を追加購入したかった、、、なんて方にはピッタリかもしれませんね。
カバーの色まで同じものを見つけるのは難しいかもしれませんが、ソファなどはあえて2色展開にするのも全然おしゃれだと思います。

まとめ


いかがだったでしょうか?
KIVIK(シーヴィク)の特徴としては、シートや寝椅子、フットスツール(オットマン)、豊富なカバーの組み合わせによって自分の部屋にぴったりなソファにカスタマイズできる点がやはり大きな魅力でしょう。
また激安というほどではありませんが、金銭的にも財布にやさしい価格帯かと思います。
ソファの購入をお考えの方は、ひとつ候補に入れてみてはいかがでしょうか。


リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、「もっと根本から改善したい!」という考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「タウンライフ」「リショップナビ」などですね。

▼こちらがタウンライフ

▼こちらがリショップナビ


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

タウンライフの公式サイト
リショップナビの公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソファの購入前に合わせて読みたい記事BEST3

その他人気のソファを探す

7

カテゴリー
人気ランキング
TOP