イケア

本棚ならIKEAのBILLY(ビリー)で決定!棚板・扉の追加も可

本棚ならIKEAのBILLY(ビリー)で決定!棚板・扉の追加も可 出典:http://ikeahackers.net
IKEAで人気の本棚BILLY(ビリー)シリーズ。棚が可動式だから好きな高さに調節可能で収納が効率的。棚の追加購入も可能です。扉を取り付ければシックでおしゃれなキャビネットに。BILLYのサイズや組み立て方、GERSBYやKALLAXとの比較を紹介します。

BILLY(ビリー)について


自分の部屋に本棚を置きたいと考えている方には、BILLYは有力な選択候補のひとつになりえるでしょう。
棚が可動式だから好きな幅に調節できて、効率的な収納を実現できます。

背の高さや幅などサイズが数種類展開されており、カラーはベージュ、ブラウン、ブラックブラウン、ホワイトなどバリエーション豊かに用意されています。

また追加の棚板や前面に取り付けるガラス扉上部追加ユニットなども販売されているので、自分好みの棚をカスタムメイドすることが可能な点も魅力です。


BILLYの特徴・魅力


木目調のシックなデザイン


BILLYはシンプルでありながら、木目調のシックなデザインが人気のアイテムです。
全くの無地ではなく、木の質感があるのでちょっとした高級感を漂わせていたりします。

またカラーバリエーションはブラウン、ブラックブラウン、ホワイト、ベージュ(ホワイトステイン)の4色で展開されているので、部屋のイメージに合った本棚を設置しやすいでしょう。


出典:http://tipstour.net


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

可動式&追加可能な棚板


BILLYの棚板は可動式となっており、好きな高さに板を調節することが可能です。
これにより、収納するものによってスペースを効率的に配分することができるので、高い収納性を実現してくれます。


出典:https://i.pinimg.com/

もちろん、スペースの区切りが足りなければ追加の棚を購入可能。
文庫本やCD、DVDなど狭い幅の棚を多数搭載したオリジナルな本棚にすることも。

前面に扉を取り付け可能


BILLYはシンプルな棚としても利用可能ですが、前面を覆う形で開き扉を取り付けることができます。


出典:https://i.ebayimg.com


出典:http://myst33.weebly.com

扉にも複数の種類あり、上部のみがガラスになっているものや、全面ガラスになっているものがあります。
部屋のイメージや収納するものに応じて、扉をアレンジしてみると良いでしょう。


BILLYのコーディネート事例の紹介


壁一面の書斎


BILLYには棚として様々な使い方がありますが、やはり本棚(書棚)として利用される方が最も多いでしょう。


出典:http://www.homestoriesatoz.com


出典:http://takingnotes.squarespace.com

壁一面に並べると、「書斎」のようなお部屋が完成。
幅の広いものと狭いものを組み合わせて使うのもオシャレですね。



靴箱としても利用可能


BILLYは本棚以外にも色々な用途で活用されています。
例えばシューズロッカーに改造してみたり。


出典:http://my-house-my-home.com


出典:http://mimigstyle.com

限界に大きなBILLYを置くだけのスペースがないという方は、小型のBILLYを置いてみてもよいでしょう。
扉を設置すれば靴を見えなくすることも可能です。

子供部屋の収納にも最適


子供部屋ってなにかと散らかってしまって、オシャレに見せるのが難しいですよね。
特に絵本やおもちゃがどんどん増えていって、結局コーディネートを諦めたり、、、

でもこんな風にBILLYを使えば、少しはすっきりした子供部屋が実現できるかもしれません。


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com


出典:https://erinisabel.files.wordpress.com

フィギュアのコレクションケース




出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

ガラス扉を取り付けて、棚全体をフィギュアのコレクションケースに。

横置き





本来縦置きして使う本棚BILLYを、横置きしてキャビネットにしてみた様子です。
これはこれでありですね。

BESTÅ(ベストー)とのコラボレーション


IKEAにはリビングルームの収納システムとして、BESTÅ(ベストー)という商品シリーズがあります。
このBESTÅとBILLYを組み合わせて利用したコーディネートがこちら。


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com


出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

これはクールですね。
IKEAの家具は他の製品とコラボレーションすることで、全体的な統一感が生まれ、インテリアコーディネートが引き締まるという魅力を兼ね備えています。



BILLYの使用感に対するレビュー・口コミ


では、実際にBILLYを使っている人たちの評判はどうなのでしょうか。
商品に対する口コミを見てみましょう。
















世間的な口コミでは、BILLYは「価格の割にしっかりしている」という声と「とんでもなく脆い」という声が見られました。
組み立て方にもよるのかもしれませんが、時間が経過するとたわみが生じたりと、ニトリや無印良品などの大手メーカー製品に比べると少しチープなのかもしれませんね。
そんなときは補強する、壁に固定するなどの対策が必要でしょう。

また、パーツが大きいので組み立てに苦労したという声もたくさんありました。
少し覚悟して組み立てに取り組んだほうがよいでしょう。

ちなみに私が自宅で使用しているBILLYは設置から3年ほど経ちますが今だ何の問題もなく本棚として使えています。
我が家で愛用していたBILLYが、大阪北部地震の際に横板が割れて完全に折れました
大量の本を収納していたのですが、まさか割れるとは。。。
まぁそれくらいの災害が無い限りは大丈夫だと思いますが、一応壁面固定などしておいたほうが安全だと思われます。


BILLYの組み立て方


BILLYには大きなパーツも含まれているので、組み立ては結構難しい方だと思います。
こちらの動画が組み立て方を分かりやすく説明してくれているので、参考にしてみると良いかもしれません。
付属パーツが全て揃っているか確認してから作業を始めましょう。



公式サイトでダウンロード可能なBILLYの組み立て方説明書はこちら。
http://www.ikea.com/jp/ja/assembly_instructions/billy-shu-peng__AA-982683-6_pub.pdf

基本情報と価格


名称:BILLY(ビリー)
カラーバリエーション:ベージュ、ブラウン、ブラックブラウン、ホワイト

書棚(大・広)



出典:http://www.ikea.com
サイズ:80 x 28 x 202 cm
価格:9,999円

書棚(大・狭)



出典:http://www.ikea.com
サイズ:40 x 28 x 202 cm
価格:9,999円

書棚(小・広)



出典:http://www.ikea.com
サイズ:80 x 28 x 106 cm
価格:6,999円

書棚(小・狭)



出典:http://www.ikea.com
サイズ:40 x 28 x 106 cm
価格:2,999円



追加棚板(大)



出典:http://www.ikea.com
サイズ:76 x 26 cm
価格:1,500円

追加棚板(小)



出典:http://www.ikea.com
サイズ:36 x 26 cm
価格:1,000円

BILLY / MORLIDEN



出典:http://www.ikea.com
サイズ:200 x 106 x 28 cm
価格:33,997円

最新の情報はIKEA公式サイトにてご確認ください。
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/series/28102/


GERSBYやKALLAXとの比較


もう少しシンプルで安価な本棚ならGERSBY(ゲルスビー)がお得



出典:http://1.bp.blogspot.com

IKEAの本棚と言えばBILLY(ビリー)が定番ですが、実は他にも本棚商品があります。
中でもおすすめしたいのがGERSBY(ゲルスビー)という収納棚。

サイズは1種類で、64 x 24 x 180 cm。
BILLYの定番書棚のサイズが80 x 28 x 202 cmですので、GERSBYの方が一まわり小型になります。

価格はなんと3,999円。

奥行きがBILLYよりも4cm短いのですが、例えば女性ファッション雑誌はA4変形サイズ(297×230mm)なので、奥行き24cmはこれがギリギリ収まってくれるサイズ感となります。

実際、BILLYだと文庫本などを収納したとき、奥行きが深いので手前にかなりスペースができます。
ここにさらに文庫本を収めることもできますが、それほど冊数がない場合はGERSBYで十分という判断もあるかと思います。

ただし、GERSBYは棚板が固定式になるのがデメリット。
BILLYのように自由な高さに調節できません。
背の低い本などを収納する際にはスペースが有効活用できない場合もあるので、ご注意ください。

詳しくはこちらの記事で比較しているので、参考ください。
どっちがおすすめ?IKEAの定番本棚BILLYと激安GERSBYを比較してみた

本をオシャレに飾り置きしたい場合はKALLAX



出典:http://media-cache-ec0.pinimg.com

KALLAX(カラックス)もBILLY(ビリー)と同じくIKEAで定番の収納棚。
ただしこちらは格子状のデザインで背板がありません。
収納棚でありながら、おしゃれな空間を演出してくれるのが特徴的な”魅せる収納棚”なんです。

KALLAXの2x4マスのシェルフユニットですと、サイズは幅77cm、奥行き39cm、高さ147cmとなります。
棚板1枚あたりの最大荷重は13kg。

BILLYは80 x 28 x 202 cmでしたから、やはり本棚というよりは収納棚に向いている設計ではあります。
奥行き39cmは、文庫本が3冊入ってもまだ数センチ余るという深さ。

しかし、背板がないという特徴を活かして、背表紙を反対向きに陳列して前後どちらからでも本が出し入れできる本棚という使い方もできます。


出典:https://image-kinarino.ssl.k-img.com

また、大型の本をインテリアとして飾り置きするような場合ですと、KALLAXの方が向いているかもしれません。

KALLAXについての詳細はこちらを参考ください。
IKEAのKALLAXは扉・引出しアレンジで”魅せる収納棚”に!

まとめ


いかがだったでしょうか?
BILLY(ビリー)は低価格でおしゃれ、そして様々な用途に活用できる優れものです。
可動式の棚とシリーズ通しての拡張性により、本棚、キッチン収納、靴箱、フィギュアケース、キャビネット、子供部屋の収納などコーディネートのバリエーションが非常に豊富です。

また、BESTÅ(ベストー)など他のIKEA製品との組み合わせにより、さらにオシャレな北欧インテリアを実現できることも。
もちろん他メーカーの高級品に比べると耐久性などの点が劣ってはしまいますが、コストパフォーマンスで見てみると非常に賢い選択と言えるでしょう。

2020年3月 追記

ニトリやIKEAで買うの辞めました...

ニトリとIKEAは昔から大好きで、とにかく価格が安いのでよく利用していました。
かれこれ10年以上使ってきたと思います。

でも、最近はニトリとIKEAで家具を買うのはなるべく避けています。

その理由は、やはり品質(強度)です。

以前購入したニトリのバースツールは革がボロボロになって1年で捨てましたし、IKEAの本棚は軽い地震で側面の板が完全に割れました。。。

ロウヤの家具はおしゃれでハイセンス

正直、残念です。

私だけかなーと思っていたのですがそうではなく、やはり不満の声は友人からも聞きますし、ネットでの評判も「お値段、以下。」という意見が多いです。

「どこか良い家具メーカーないかなー?」
「かといってカリモクや大塚家具は高いし。。。」

と悩んでいたところ、インテリア好きのママ友からおすすめしてもらったのが「家具350」です。

家具350とは?

家具350は、北欧デザインなどおしゃれな家具を揃えたオンライン販売専門の家具ショップです。
SNSなどでも人気の会社なので、ご存知の方も多いかもしれません。
公式サイトはこちら。

ソファ、テーブル、チェア、テレビ台、ベッド、収納棚などなど、ニトリやIKEAに負けないくらい豊富な家具を揃えています。

激安でおしゃれな家具350がおすすめ

激安でおしゃれな家具350がおすすめ

激安でおしゃれな家具350がおすすめ

私が家具350で家具を選ぶようになった理由を書きますね。

おすすめポイント①:とにかく価格が安い

まず一番推したい点がコレです。 サイトを見てもらえればお分かり頂けると思いますが、もうとにかく激安なんです。

ニトリやIKEAと同じくらいか、それよりも安いくらいの低価格帯。

例えば3人掛けの大きなL字型ファブリックソファが税込28,800円からありますし、天然木の4人掛けダイニングテーブルも16,770円など。
激安でおしゃれな家具350がおすすめ

カッシーナなどのデザイナーズ家具のブランドなどは、おしゃれなアイテムも多いんですが、一人掛けソファで50万円とかなので。。。
私には縁が無いと思います。(笑)

家具350ならお手頃価格で、高見えするオシャレ家具が見つかります!
しかも、頻繁に何かしらのセールをやってるんです!
10%OFFだったり、まとめ買いで5000円OFFのクーポンだったり。

元々安い上にセールでさらに安くなるので、ほんとにお買い得ですよ!
しかもポイントまで付くので次回の割引もあります。

おすすめポイント②:おしゃれなデザインの家具が多い

激安でおしゃれな家具350がおすすめ

「安いってことは、見た目も安っぽいんじゃ?」と思われるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

ハイセンスなおしゃれアイテムがかなり多いです。
見た目だけじゃなくて機能性も今風にアレンジされたアイテムが多く、ニトリやIKEAでは見かけない洗練されたデザインの家具や日用品が盛りだくさん。

ジャンルでいうと、北欧ナチュラル、ラグジュアリー(海外のホテルっぽいやつ)、男前インテリア、白黒モノトーン、可愛い系などが多い印象です。

かといって、あまりにカッコつけすぎている訳でもなく、自宅のコーディネートにも合わせやすいデザイン。

色々オンラインの家具販売サイト見てみましたが、「あ、これいいかも!」となる商品がこれだけ豊富に揃っているサイトは少ないです。
(ていうか私の見た限りでは断トツで家具350でした。他は高かったり品切ればっかりだったり。)

おすすめポイント③:商品数が多くて充実している

激安でおしゃれな家具350がおすすめ

色々な家具ショップを見比べていて思うのは、品切れの多さです。
探し回ってようやくお気に入りのデザインを見つけたと思ったら、「品切れ」の表示。。。

いや、もうそれなら最初から消しといてよ、と思いますよね。笑

家具350では商品数がかなり充実していて、カラー展開も豊富なので、お気に入りが見つかる可能性が非常に高いです。
ニトリとかIKEAだと、「なんか違うなー」と思っていても、家具350のサイトを開いたらすぐ2つ3つの候補が決まることもあります。
(私がリビング用のローテーブルを買ったときがそうでした。)

おすすめポイント④:11000円以上で送料無料!

大きな商品を通販で買う時にもう一つ心配になってくるのが送料です。
しかし、家具350では11000円以上の購入で送料が無料になります。

家具って基本それなりに値段がするので、大抵の場合は無料になるかと思います。
が、仮に合計金額が11000円未満でも、送料は550円と良心的な値段です。

ちなみにニトリもIKEAも送料は有料で、割と高いです。

激安のおしゃれ家具なら「家具350」がおすすめ

激安でおしゃれな家具350がおすすめ

という訳で私が家具を選ぶ時は、まず家具350で候補をピックアップするようにしていて、しばらく見回ってそれ以上コスパの良いものがなければポチっと購入するようにしてます。

家具の通販は「イメージ通りの商品かどうか」という点だけが唯一気がかりなのですが、家具350ではあらゆる角度と距離から撮影された写真がたくさん掲載されているので安心して購入できますよ。

10年以上愛用してきた私が言うのも何ですが、ニトリやIKEAでの購入をお考え中の方は、一度でいいので「家具350」をご覧になってみることをおすすめします。

家具350 公式サイト
公式サイトを見る





リフォームを考え始めたら相見積もりを絶対に取ること

インテリアについて考えていると、「もっと根本から改善したい!」という考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

リフォーム業者ってたくさんありすぎて、、、結局どれを選べばいいの?


自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、自宅周辺のエリアに強いリフォーム業者各社へ1度の手間で一括で見積もりを依頼することができます。
大手だと「タウンライフ」「リショップナビ」などですね。

業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

知り合いの紹介はNG!!

一番やってはいけないのが、知り合いに紹介してもらった業者に依頼することです。

どこがいいか分からないから、少しでも信頼できるところに頼みたいんだけど。。。


その気持ちは痛いほどよく分かるのですが、知り合いに紹介してもらうと、逆に断りにくくなってしまうんです。

本来はもっと安く出来るところが、知り合いの顔を潰さないためにもそのままズルズルと依頼せざるを得ない空気になってしまうパターンです。
私が初めてリフォームをした際は、この失敗をしてしまいました。

結果、相場よりも1.3倍くらいの請求額となり、後悔しました。。。
金額でいうと50万円くらい多めに払った感じですね。

このような失敗をしないためにも、リフォームは相見積もりを絶対にとっておきましょう。
大手会社から地元に強い工務店まで取り扱っている、「タウンライフ」と「リショップナビ」が個人的にはおすすめです。

タウンライフ
リショップナビ
このエントリーをはてなブックマークに追加

本棚・収納の購入前に合わせて読みたい記事BEST3

その他人気の本棚・収納を探す

2

カテゴリー
人気ランキング
TOP