IKEAの定番ソファベッドBACKABROとVILASUNDの違いを徹底比較!

イケア
IKEAの定番ソファベッドBACKABROとVILASUNDの違いを徹底比較! 出典:http://2.bp.blogspot.com
IKEAのソファベッドBACKABROとVILASUNDの違いを比較しながら紹介しています。デザイン、サイズ、価格などの違いとコーディネートしたときの雰囲気、寝椅子付きタイプと2人掛けタイプの構造の違いについても動画付きで説明しています。

IKEAのソファベッドと言えば


ソファの購入を検討するとき「ベッドと兼用で使えた方がいいなぁ」と考える方も少なくないでしょう。
今は便利な時代になって、普段は通常のソファとして利用し、就寝時や寝転がりたいタイミングでベッドに変形できる「ソファベッド」という商品が存在します。

IKEAには代表的なソファベッドとして「BACKABRO」「VILASUND」という商品が販売しています。
どちらもおしゃれでお値段も他メーカーと比べるとお手頃価格。
とはいえ10万円前後はする買い物ですから、失敗はしたくありませんね。

今回はIKEAのソファベッド「BACKABRO」と「VILASUND」の2商品について、その特徴や違いについて紹介しましょう。

目次


・BACKABROとVILASUNDの違い
・共通する特徴
・ソファベッドのコーディネート事例の比較
・まとめ

BACKABROとVILASUNDの違い


ではまず、それぞれの特徴と価格やサイズなどについて、違いを見ていきましょう。

BACKABRO



出典:http://www.ikea.com

価格:
ソファベッド 寝椅子(カウチ)付
94,990円

カラーバリエーション:
5色
ティーゲルショー ベージュ、ダークグレー、レッド、ヒルテ ベージュ、ホワイト

サイズ:

幅: 248 cm
奥行き(最小): 88 cm
奥行き(最大): 150 cm
シートの奥行き: 62 cm
シートの高さ: 45 cm
高さ: 71 cm
ベッド幅: 140 cm
ベッド長: 200 cm
マットレスの厚さ: 9 cm


特徴:
・普段使いに最適な硬めのマットレス。
・ 寝椅子(カウチ)の下は収納スペース。シートを持ち上げた状態で固定できるので出し入れが簡単。
・寝椅子はソファの左右どちら側にも取り付け可能。
・カバーは取り外して洗濯機で洗える。

VILASUND



出典:http://www.ikea.com

価格:
ソファベッド 寝椅子(カウチ)付
94,990円

カラーバリエーション:
3色
ダークグレー、ベージュ、ライトベージュ

サイズ:
幅: 240 cm
奥行き(最小): 88 cm
奥行き(最大): 150 cm
シートの奥行き: 62 cm
シートの高さ: 45 cm
高さ: 71 cm
ベッド幅: 140 cm
ベッド長: 200 cm
マットレスの厚さ: 9 cm

特徴:
・普段使いに最適な硬めのマットレス。
・寝椅子(カウチ)の下は収納スペース。シートを持ち上げた状態で固定できるので出し入れが簡単。
・寝椅子はソファの左右どちら側にも取り付け可能。
・カバーは取り外して洗濯機で洗える。

違いは「デザイン」だけ!


上記の基本情報はIKEAの公式サイトによるものです。
ご覧のとおり、価格、サイズ、特徴は全く同じ!
違っているのはソファの側部の形状とカバーのカラーバリエーションです。

どちらもソファベッドとして展開することができて、素材・構造などもほぼ同じです。


出典:http://www.ikea.com

つまり見た目のデザインだけが違っているだけで、あとは全て同じもの。
ですので、もしこの2つで迷っているのなら好きなデザインや部屋にマッチするものを選ぶと良いでしょう。



共通する特徴


ソファだけでなくベッドにもなる



BACKABROもVILASUND、どちらもソファ兼ベッドとして利用できるものとなっています。
シートの下部に追加のマットが収納されており、ベッドとして使う際に引っ張り出すだけ。
かなりお手軽にソファからベッドに変形してくれます。
親戚や友達がよく泊まりにくるような部屋には、ぴったりですね。

こちらが実際にソファからベッドに変形させている様子の動画。
ほんとに引っ張り出しているだけですね。



寝椅子は収納付き!シート固定で出し入れ簡単



サイドの寝椅子(カウチ)の下部は収納スペースとなっています。
結構大きなスペースがあるので、衣類や家電など、かなり多くのものをしまっておけるでしょう。
また、シートは開けた状態で金具で固定できるようになっているので、出し入れも非常に楽に行えます。

カバーは取り外して洗濯OK!



ソファはリビングでの利用頻度が高いため、汚れがついてしまう可能性は非常に高いです。
小さなお子様がいるお家などでは、なおさら。
なので、ソファーカバーが洗濯可能というのは大きな魅力ですよね。
BACKABROとVILASUNDのソファカバーは取り外して洗濯できるようになっています。
少し面倒ではありますが、ジッパーでつけ外しできるようになっているので比較的簡単です。

2人掛けソファもベッドになります



これまで紹介していたのは寝椅子(カウチ)付きのソファベッドでしたが、IKEAでは寝椅子のない2人掛けソファも販売されており、こちらもベッドとして利用することが可能です。
寝椅子付きのものとは少し仕組みが違っていて、前面に長くマットが延長するようになっています。



出典:http://www.ikea.com

こちらの価格はBACKABROが84,990円、VILASUNDが74,990円となっています。

どんな仕組みなのか、その構造についてはこちらの動画をご覧いただいた方が早いでしょう。



ソファベッドのコーディネート事例の比較


では次に、実際にお部屋にコーディネートしたときの印象の違いを比較してみましょう。

BACKABRO




出典:http://4.bp.blogspot.com


出典:http://www.comfort-works.com


出典:http://3.bp.blogspot.com


出典:http://www.ikea.com

VILASUND




出典:http://static.arredamento.it


出典:http://www.ikea.com


まとめ


いかがだったでしょうか?
IKEAの人気ソファベッド、BACKABROとVILASUNDの特徴とそれらの違いについて紹介しました。
結論としては、どちらもお手頃で素敵なソファベッドで、大きな違いはデザインのみ。
北欧インテリアのベースにはぴったりな印象でした。

ソファとベッド兼用で、収納付きの寝椅子(カウチ)。
機能性に優れた商品ですね。

ソファベッド&寝椅子(カウチ)付きのこのサイズ感で94,990円ですから、価格的にも割安感はあります。
KIVIKの3人掛けソファに寝椅子とオットマン(フットスツール)を付けると10万円を超えちゃいますから、その意味でもBACKABROやVILASUNDの方が場合によっては賢い選択になりそうです。



リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、もっと根本から改善したいという考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「リショップナビ」などですね。


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

リショップナビ公式サイト

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
9

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP