ニトリ イケア 高級&ラグジュアリー ナチュラル

カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選

カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選 出典:https://i.pinimg.com/
人気ブランドのおすすめブランケットまとめです。高級でおしゃれなカシウェア、クリッパン、ペンドルトンや、コスパ最強のニトリ、IKEAなどからピックアップ。ひざ掛けや毛布としても活用できる便利なブランケットについて、素材や大きさ、デザインなど選び方のポイントを解説しています。
寒い冬だけではなく、夏の効き過ぎた冷房対策としても活躍してくれるブランケット。
素材や柄、また布団とは違い大きさもさまざまなので、どれを選んでよいのか悩んでしまいますね。

今回は、いろいろあるブランケットの種類や選び方のポイントについてまとめてみました。
温度調節に一年中使えて便利なブランケット。

高級ブランケットの「カシウェア」「クリッパン」「ペンドルトン」や、コスパ重視の「ニトリ」「IKEA」など人気ブランドのおすすめアイテム10選をご紹介していきます。


ブランケットとひざ掛けの違い


「ブランケット」とは英語で「毛布」を表します。
毛布という言葉に置き換えると、寝具のひとつとして使用され、しっかりとした厚みで寒さを緩和する目的で使われるイメージができますね。

一方、日本ではブランケットというと、毛布のような大きなものから、ひざ掛け程度の小さなものまでを指すことが多いようです。
毛布もひざ掛けもまとめてブランケットと呼ぶことも多く、同様の意味をもつアイテムですが、英語圏では別の物として認識されているのがわかりまね。

厳密にいうとひざ掛けとブランケットは別のアイテムではありますが、幅広い用途で使える総称としてのブランケットも浸透してきています。
もちろん、ひざ掛けを膝以外に掛ける用途で使っても何ら問題はありません。

ブランケットとひざ掛けはイコールではありませんが、同意語といて使用しても問題ないでしょう。
微妙なニュアンスとしてひざ掛けよりブランケットの方が大きめな印象はありますね。


ブランケットの用途


ブランケットの使用用途は、ベッドで使用する以外だと、主に寒い時の防寒アイテムとして活躍してくれます。
膝や腰、肩などを掛けることで、体温を逃がしにくくして暖かさを保ちます。

ですので、密閉性に優れて温度の行き来を少なくできる素材であればあるほど、効果が高いといえるでしょう。
少し話はそれますが、災害時に備えて用意しておきたいアルミ素材の防寒シートは、軽くてコンパクトながら効果は抜群です。

家の中でも外出先で使える便利なブランケット。
持ち運ぶ際はコンパクトになるかどうかとポイントですね。

家以外でも、職場や車内にひとつ置いておく「置きブランケット」を用意しておくのもおすすめです。


ブランケットの選び方


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

では、実際にブランケットを選ぶときにはどのような点に気をつければよいのでしょうか。
いくつかポイントを挙げながらご紹介していきます。

大きさで選ぶ


まず大切なのは用途に合わせた大きさです。
お布団で使ったり、ソファでのお昼寝などで使う場合は、掛け布団に近いサイズがあるとうれしいですね。

本格的にベッドに敷いたり掛けたりして使う際には、布団やベッドのサイズもしっかりと計測しておくことをおすすめします。

一方、オフィスや外周先などの防寒対策とさて使うのであれば、ひざ掛けサイズで十分でしょう。
サイズに迷ったときは、体格にもよりますが、100センチ四方くらいが取り回しもしやすく便利な大きさなのでおすすめです。

素材で選ぶ


サイズと並んで大事な要素は素材です。
特に、直接肌に触れる場合は天然素材のアイテムを選ぶとよいでしょう。

フリースなどのポリエステル素材は軽くて洗濯後も乾きやすいなどのメリットはありますが、乾燥した環境だと静電気が気になる場合も。
使う場面に合わせた素材を選んでいきましょう。

また、素材だけではなく、繊維の太さや織り方でもさわり心地や使い心地は変化します。
寒い季節に使うのであれば、内側がもこもこしたものなどもよいですね

携行性で選ぶ


自宅以外の場所に持ち出して使う場合は、携行性も大切になってきます。
毛布レベルの大きさだと、持ち運びにはちょっと向いていないですよね。
コンパクトに畳めて重さも軽い物がよいでしょう。

特に、夏場のクーラー対策として使うなら鞄に入れやすいサイズがおすすめです。
専用のポーチや袋などがあると、さらに快適になりますね。

デザインで選ぶ


身の回りのアイテムには徹底的にこだわりたいという人には、やはりデザインも忘れてはいけないポイントです。
好みの色や柄のアイテムを身につけると、それだけで幸せな気持ちになれますね。

お気に入りを2~3枚用意しておけば、気分で使い分けることもできますね。
また、ソファの周りなど部屋に置いておく場合は、インテリアの一部としてコーディネートも大切になってくるでしょう。

ブランケットの人気ブランド


世界各国、ブランケットを扱うメーカーはたくさんあります。
老舗織物メーカーやセレブにも人気の高級ブランド、手頃な価格でも取り入れやすいメーカーなどさまざまな中かから、人気の5つのブランドをそれぞれご紹介していきます。

カシウェア


カシウェアはアメリカ発のブラックで「日常で使えるカシミア」をコンセプトに開発されました。
カシミヤのような柔らかな肌触りが特徴で、吸水性や耐久性にも優れた素材を使用しています。

ブランケットやバスローブ、タオルなどを中心に展開しており、ベビーキッズアイテムも豊富なことから、出産祝いなどでも人気のブランドです。

クリッパン


クリッパンは、寒さが厳しいことでも知られる北欧スウェーデンのテキスタイルメーカーです。
自社工場での一括した製造により、質の高さを実現しています。

品質だけではなく、北欧らしいデザイン性に優れたアイテムを多数送り出しています。

ペンドルトン


アメリカの伝統的なデザインが目を引くペンドルトンのアイテム。
老舗の織物メーカーとして約150年の歴史があるブランドです。

主に毛布とウール素材のアパレルを中心に展開しています。
デザインはそのままコットン素材のタオルも人気です。

ニトリ


言わずと知れた日本の家具や生活雑貨の大手メーカーです。
手頃な価格のアイテムを豊富なラインナップで展開。
生活に必要なアイテムをほぼ全てそろえることもできるのも魅力です。

一度足を運べば、家や部屋をまるごと完成させることもできるでしょう。
豊富な商品展開を活かして、ブランケット以外とデザインを合わせてコーディネートすることもニトリの魅力です。

イケア(IKEA)


北欧発の家具や生活雑貨メーカーのIKEA。
シンプルながらどこか遊び心のあるデザインやサイズ、カラーなどのバリエーションが豊富な商品展開が人気です。

広い店内は見ているだけで楽しい気分になれますね。
テキスタイルの分野にも力を入れており、種類も豊富なので好みに合わせたお気に入りのアイテムを見つけることができるでしょう。

おすすめアイテム10選


カシウェア ハーフブランケット


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

ポリエステル素材ながら、カシミヤのような柔らかな肌触りのブランケットです。
定番アイテムの半分の大きさなので、取り回しのしやすさもポイント。
カラー展開も豊富で、お部屋のアクセントとしてもおすすめです。

本体サイズ:85×110cm
本体重量:-
主な素材:ポリエステル
カラー:クリーム、ピンク、アイリス、シルバーブルー、ストーン、チャコール、チョコレート、ネイビー
参考価格:16,200円

商品リンク

カシウェア トラベルブランケット


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

星のワンポイントがかわいらしいトラベルブランケット。
コンパクトなサイズ感と、ポーチ付きなので持ち運びに適しています。

ホワイト×ネイビーの他、3色のカラーバリエーションも展開。
好みに合わせて選びましょう。

本体サイズ:82×125cm
本体重量:-
主な素材:ポリエステル
カラー:ホワイト/ネイビー、ストーン/ホワイト、シナモン/ホワイト、ブラック/ホワイト
参考価格:24,840円

商品リンク

クリッパン ウールスローケット


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

ラムウールを使用し暖かく発散性にも優れています。
少し大きめのサイズのブランケットは、ふんわりとした肌触りで体を優しく包み込んでくれます。
羽織ったり、ソファやベッドにかけて使うのもおすすめです。

本体サイズ:130×200cm
本体重量:-
主な素材:ラムウール
カラー:ブラック、グレー、レッド、ライム、グレー2、ベージュ、ライトグレー、ダークグレー、ライトグレー2、ブラック2、ライトグレー3、ホワイト
参考価格:7,290円



クリッパン ハウス イン ザ フォレスト ミナペルホネン


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

森の中に静かに佇む家をイメージした、優しいデザインのブランケットです。
シングルサイズなので、敷いたり掛けたりとベッドで使うのもおすすめです。
カラーはグレーとグリーンの2色展開。

本体サイズ:130×180cm
本体重量:-
主な素材:ウール
カラー:グレー、グリーン
参考価格:12,900円



ペンドルトン CHIEF JOSEPH MUCHACHO/INDIGO


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

ペンドルトンの中でも少し小ぶりなサイズのブランケットです。
ひざ掛けや肩掛け、アウトドアやスポーツ観戦にもぴったりなサイズです。
バージンウールを使用しているので、柔らかく快適な使い心地です。

本体サイズ:81×112cm
本体重量:-
主な素材:ウール、コットン
カラー:INDIGO
参考価格:16,200円

商品リンク

ペンドルトン PRINTED HOODED BABY TOWEL/SHARED PATHS GREY MIX


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

キッズベビー用のフード付きタオルです。
手頃のサイズでひざ掛けなどにもおすすめ。

さらっとしたコットン素材は、肌触りも抜群。
お風呂やプール上がりだけではなく、水辺でのアウトドアにも活躍してくれそうです。

本体サイズ:58×122cm
本体重量:-
主な素材:コットン
カラー:SHARED PATHS GREY MIX
参考価格:8,208円

商品リンク

ニトリ


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

シンプルなボーダー柄と手軽なサイズで使いやすいブランケット。
コンパクトサイズはひざ掛けなどにもおすすめ。

そして、なんといっても1,000円以下で買えるリーズナブルな価格も魅力ですね。
もちろん洗濯機もOKです。

本体サイズ:100×70cm
本体重量:240g
主な素材:コットン、ポリエステル
カラー:ターコイズブルー、ローズ
参考価格:999円

商品リンク

ニトリ


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

さりげない動物柄がかわいらしいブランケットです。
裏側がもこもこしているので、寒い季節には特におすすめ。

軽くてソフトな肌触りで気持ちよくくつろぐことができますね。
サイズ違いのひざ掛けバージョンもあり。

本体サイズ:150×130cm
本体重量:770g
主な素材:ポリエステル
カラー:イエロー
参考価格:1,790円

商品リンク

IKEA ÖVERALLT オーヴェルアルト


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

モダンなアフリカンパターンのカラフルなキルト毛布です。
一枚あるだけで部屋の印象もがらっと変わりそうですね。

裏返せばシックなイメージになるので、気分に合わせて使い分けるのもおすすめ。
角は丸く仕上げてあり、柔らかく肌触りのよい質感です。

本体サイズ:120×160cm
本体重量:910g
主な素材:綿、ポリプロピレン、ポリエステル綿
カラー:マルチカラー
参考価格:2,999円

商品リンク

IKEA ODDRUN オッドルン


カシウェア、クリッパン、ニトリなど人気ブランドのブランケットおすすめ10選
出典:https://i.pinimg.com

どんなインテリアにもあわせやすい、シンプルでベーシックなデザインが魅力のひざ掛け。
綿100パーセントで肌あたりの柔らかな天然素材を使用してします。

さらっとしているので、夏場でも快適に使うことができそうですね。

本体サイズ:170×130cm
本体重量:760g
主な素材:綿100パーセント
カラー:ベージュ
参考価格:1,499円

商品リンク

ちなみにIKEAには上記以外にもいろいろなブランケットが揃っていますので、是非店舗で実際に手に取って見てみてください。

IKEAのおすすめブランケット

まとめ


毛布として使うことはもちろん、ひざ掛けや肩掛けとして使う機会も多いブランケット。
厚みや素材や大きさだけではなく、使うシーンや使う人に合わせて最適な一枚を選びたいですね。

また、大判で厚みのあるタオルをブランケットとして使うという方法もおすすめです。

体が冷えてしまうと、風邪を引いたり慢性的な不健康にもつながる恐れもあります。
環境をコントロールして、快適な生活を手に入れましょう。


リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、「もっと根本から改善したい!」という考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「タウンライフ」「リショップナビ」などですね。

▼こちらがタウンライフ

▼こちらがリショップナビ


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

タウンライフの公式サイト
リショップナビの公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

枕・掛け布団・毛布の購入前に合わせて読みたい記事BEST3

その他人気の枕・掛け布団・毛布を探す

268

カテゴリー
人気ランキング
TOP