IKEAの配送サービスの種類と送料を安くする5つの方法

イケア
IKEAの配送サービスの種類と送料を安くする5つの方法 出典:https://c1.staticflickr.com
IKEAには3種類の配送サービス(通常配送、手ぶらdeボックス、ワンパッケージ配送)があります。それぞれサービス内容と配送料金が違うので購入商品によって使い分けると良いでしょう。また、大型家具を購入した際の送料を安くすませる方法も紹介。
IKEA(イケア)で楽しくお買い物。
広いショールームを気持ちよく見回って、倉庫から家具パーツをせっせと運んで、レジで精算。
さぁ配送サービスにお願いしようと思うと、とんでもない料金に。。。!!

といった方も少なくないでしょう。
事前にIKEAの配送料金についてチェックしておき、なるべく安く自宅まで配達する方法についても押さえておきましょう。

IKEAの公式オンラインショップ(ネット通販)に関する配送料金については、こちらの記事を参考ください。


IKEAの配送サービスは3種類


IKEAの配送サービスには、大きく3種類あります。

通常の配送サービス



出典:https://upload.wikimedia.org
サービス内容
まずは通常の配送サービスです。
車以外の交通手段で来店した人や、車に積めないサイズの大型商品を購入した人向けのもの。
本棚やソファなど大きな家具を購入した場合は、こちらの配送サービスを利用することになるでしょう。

日本国内の全てのIKEAストアにおいて、メインエリア内の配送料は3,000円です。
この「メインエリア」というのはIKEAが定めており、各店舗の近隣エリアとなっています。

例えば、IKEA仙台から札幌までの配送料だと12,000円。
オンラインストアでの購入の場合、12,990円となります。

詳しくは公式サイトを確認ください。
https://www.ikea.com/ms/ja_JP/customer-service/about-services/main-area/index.html

昔はゾーン1,2,3による区分などもあったのですが、無くなったみたいですね。

配送日時の指定
IKEAの配送サービスでは配送日時の指定が可能です。
最短の到着日から6日程の中から選択可能ですが、それを超えての指定は最長で30日までで別途留め置き料が発生します。
時間指定は9~13時、11~15時、14~18時、17~21時の時間帯を指定できます。

宅配時における付帯サービス
荷物は通常、玄関先で渡されます。
部屋までの搬入や、階段での搬入やクレーン車の利用に関しては、別途料金が発生します。

■ 留め置き料 2000円(15日以降の配送を希望する場合に発生)
■ アウトレット商品梱包量 2500円/1商品
■ 階段上げ(6~10階) 10,800円/1商品
■ 階段上げ(以降5階ごとに) +10,800円
■ クレーン車、ユニック車 要見積もり



小物配送サービス(旧手ぶらdeボックス)



出典:http://www.sky-s.net
サービス内容
以外と知られていないのが、この「小物配送サービス」というサービス。
もともとは「手ぶらdeボックス」という名称で、手ぶらで帰りたいという人のための、小口配送(宅配便)サービスとなっています。

照明や雑貨など、小物をたくさん購入した方向けの配送方法ですね。

こちらはメインエリア内なら990円で配達してくれるという優れもの。
(キャンペーン期間などは500円になったりします。)

その他のエリアだと1,290円、沖縄・離島は3,000となっています。

「小物配送サービス」は小物類配送用の段ボールボックスの中にセルフで梱包します。

ボックスのサイズは50 × 50 × 60cm (重量30kg未満)です。

昔はもう一回り小さいサイズのボックスも選べたんですが、現在は上記のみのサイズとなっています。


出典:http://zousanrecords.com
(現在は写真の大きい方のボックスのサイズのみ)

50cmと60cmの対角線が約78cm、78cmと50cmの対角線が約92cmです。
薄い板のようなものであれば78cm弱まで、細長い棒のようなものであれば92cm弱までは何とか梱包できるかもしれません。

ただし、植物と食品は配送できないのでご注意ください。

利用方法
配送サービスコーナーにある配送伝票に必要事項を記入して、商品と一緒に配送カウンターまで持っていきます。

料金
どちらのボックスを選択しても料金は変わりません。
配送エリア内であれば一律990円、配送エリア外(沖縄/離島を除く)であれば一律1,290円です。

エリア内なら一律990円、エリア外でも1,290円というのは非常に良心的な価格と言えるでしょう。
写真にあるとおり、50 × 50 × 60cmのボックスというのは結構大きいです。

IKEAの家具は完成品は大きくても、小さなパーツにまとめられていることが多いのでこれで十分だったりします。
一度サイズを測って、検討してみるとよいでしょう。

商品パッケージ配送サービス



出典:http://www.ikea.com
サービス内容
上記のボックスに入りきらないという場合は、こっちも検討してみましょう。

昔は「ワンパッケージ配送サービス」という名前で、商品パッケージを1つだけ送りたい方向けの配送サービスです。
パッケージの三辺の長さと重量によって料金が変わりますが、160cm未満ならエリア内990円

また、ソファやワードローブなどの大型商品は、このサービスの適用外となり、通常の配送サービスを利用することになります。

利用方法
配送サービスコーナーにある配送伝票に必要事項を記入して、商品と一緒に配送カウンターまで持っていきます。

料金
こちらがワンパッケージ配送サービスの料金表。

三辺の合計重量配送エリア内配送エリア外
160cm未満30kg未満990円1,290円
200cm未満50kg未満1,990円-
240cm未満50kg未満2,990円-
260cm未満50kg未満3,990円-


テーブルや棚など、単品で購入した場合はこのサービスを利用すると送料を抑えることができるでしょう。
さらにモノによっては2パッケージを紐で縛って1パッケージ扱いにできる場合もあります。
詳しくはIKEA店舗のスタッフさんへお尋ねください。



配送料金を安くするには?


IKEAの配送料は、しばしば「高い!」と言われます。
ただ、雑貨や小物であればそもそも持って帰れますし、中型の家具でも上述した「小物配送サービス」を利用すれば安くすませることができます。

高額になるのは大きな家具を複数購入したケースがほとんどでしょう。
ではそういったシチュエーションで配送料を安くするには、どうすればよいのでしょうか?

1、自分で大きな車を持ってくる


まずはこれです。
バンやワンボックスなど大型の車を持っているならば、それに乗って店舗へ向かいましょう。
自分で運ぶことが最も簡単に送料をほぼ無料に抑えられます。

2、友人・知人に車を借りる


次にこれです。
自分で車を持っていないのであれば、誰か持っている人に車を借りましょう。
軽トラを持っている友人・知人などがいれば是非頼んでみましょう。
付いてきてもらって一緒にショッピングを楽しむというのもありですね。

3、、レンタカーを借りる


自分の車はない、借りれそうな友達もいない、となるとレンタカーを借りるのが次に安上がりです。
軽トラクラスなら半日で5,000円程度。丸一日なら6,000~7,000円。
IKEAの配送料がそれ以上になりそうならば、この手段をおすすめします。

4、、宅急便事務所へ持ち込む


IKEAストアの中には、クロネコヤマトの事務所が近くにあるという店舗もあるようです。
そこまで何とか自力で運んで届けてもらうか、あるいは場合によっては店舗まで来てくれるかもしれません。
こればっかりは各店舗、各業者次第なので何とも言えませんが、運が良ければ数千円で済ませることができます。

5、通販業者を利用する


最後の手段としては、購入を代行する業者のネット通販サイトを利用するという方法があります。
インターネットで「IKEA 通販」などと検索するとたくさん出てきますので、色々検討してみると良いでしょう。
中には1万円以上の買い物で送料無料になるというところもあります。
こういった通販サイトでは、その分商品そのものの価格が高くなっているので、どちらが得なのか吟味した上で利用するとよいかと思います。

まとめ


IKEAには3種類の配送サービスがあり、場合によってはそれらを使っても金額は高くなりません。
しかし大型の商品を配達するとなるとIKEAの配送サービスでは高額になりやすいので、代替手段を使いましょう。

最も安価なのは大きな車で行くか、それを借りること。
続いてレンタカー利用、宅急便利用、通販利用という感じで検討してみると良いと思います。



リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、もっと根本から改善したいという考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「リショップナビ」などですね。


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

リショップナビ公式サイト

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
17

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP