イケア

IKEAの折りたたみ式ソファベッド「LYCKSELE」が一人暮らしに超便利

IKEAの折りたたみ式ソファベッド「LYCKSELE」が一人暮らしに超便利 出典:https://i.pinimg.com/
IKEAの折りたたみソファベッド「LYCKSELE(リクセーレ)」の紹介です。一見何の変哲もない二人掛けのソファですが、あっという間にベッドに早変わり。おしゃれなカバーは取り外し&洗濯可能。スペースを有効活用できて一人暮らしにおすすめです。
一人暮らし用のマンションやワンルームなどですと、スペースを有効活用したいもの。
そんなニーズに応えてくれるのが、ソファとベッドが一体型となったソファベッドです。

最近ではいろいろな家具メーカーから登場している人気の家具ですが、おしゃれなスタイルで髙い機能性を発揮してくれるIKEAのソファベッド「LYCKSELE(リクセーレ)」がなかなか便利なのでご紹介。

IKEAの折りたたみ式ソファベッド「LYCKSELE」が一人暮らしに超便利
出典:https://i.pinimg.com

折りたたみ式のソファベッド


一見、何の変哲もないシンプルな2人掛けソファのようですが、実は。。。



こんな感じでベッドに早変わりしてくれるんです。

お部屋のアクセントにもなるブラック×ホワイトのモノトーン色のデザインの他、ターコイズやピンクなどいくつかカラーバリエーションがあります。

IKEAの折りたたみ式ソファベッド「LYCKSELE」が一人暮らしに超便利
出典:https://i.pinimg.com

IKEAの折りたたみ式ソファベッド「LYCKSELE」が一人暮らしに超便利
出典:https://i.pinimg.com

ゆったりスタイルの2人掛けソファは、高反発フォーム&ラテックスを用いて、背骨に負担をかけず無理のない姿勢で、身体にフィットした座り心地が体感できます。

カバーはカンタンに取り外すことができ、洗濯機で洗えるのも助かりますね。
モノトーン以外にも、シンプルな単色カラーも用意され、お部屋に合わせてコーディネートできるのも惹かれる要素の一つです。

背面もきれいにカバーリングされ、設置場所も自由自在に、お好みでセッティングできます。

LYCKSELEのサイズ


ソファのとき


幅: 142 cm
奥行き: 100 cm
高さ: 87 cm
シートの奥行き: 60 cm
シートの高さ: 39 cm

ベッドのとき


ベッド幅: 140 cm
ベッド長: 188 cm

ソファは142cmという幅広サイズで、2人で横になっても、ゆっくりと休めるスペースがあります。
ラテックスを使ったマットレスは、通気性&抗菌性があり、衛生面も問題なく安心して使用できますよ。

LYCKSELEの価格


最もシンプルなホワイトのカバー付きで¥24,990。
最も高いもので¥39,990になります。

マットレスも付いているので、この価格でソファとベッドが揃うと考えると、かなりお得ですね。

さらにこちらの「LYCKSELE 収納ボックス」をプラスすると、ソファベッド下を賢く収納スペースとして活用することができます。

IKEAの折りたたみ式ソファベッド「LYCKSELE」が一人暮らしに超便利
出典:https://i.pinimg.com

タオルや日用品、雑誌などを、きれいにまとめて整理するのにピッタリです。

まとめ


ソファベッドはインテリアのスペースを有効活用できる優れものです。
IKEAには他にもいろんなソファベッドがあるので、こちらも参考ください。

徹底比較!IKEA(イケア)のおすすめソファベッドまとめ


リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、「もっと根本から改善したい!」という考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「タウンライフ」「リショップナビ」などですね。

▼こちらがタウンライフ

▼こちらがリショップナビ


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

タウンライフの公式サイト
リショップナビの公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソファの購入前に合わせて読みたい記事BEST3

その他人気のソファを探す

81

カテゴリー
人気ランキング
TOP