ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ!ヤマダホームズのショールームに行ってきた

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ!ヤマダホームズのショールームに行ってきた
ヤマダ電機のリフォーム内容や見積もり価格を紹介しています。LABI1なんば店のヤマダホームズ&ハウステックのショールームの様子やチラシの内容をご紹介。キッチンやシステムバスなどもあります。リフォームの費用相場を知る上でも一度見ておくのがおすすめです。
先日、なんばパークスに隣接する「ヤマダ電機 LABI1なんば店」にて、リフォームのチラシやカタログをもらってきました。
最近実家のお風呂や洗面台、キッチンなど水回りのリフォームを最近考えることが多くなってきたんですよねー。

「リフォームといえば、専門の業者に依頼するのが一般的なのかな?」

と思いきや、実は身近なニトリや家電量販店でもリフォームの見積もりや申し込みを受け付けているようです。

専門の業者の相見積もりはリショップナビなどで出来るのでそちらに任せておいて、それとは別にヤマダ電機のリフォームの内容についても実際に店舗へ出向いて色々と調べてみました。

ニトリのリフォーム見積もりやパンフレットの内容はこちらの記事を参考ください。

ニトリのリフォーム見積もり価格まとめ!他業者との比較参考にどうぞ

リフォームする場合は、必ず複数社から相見積もりを取るようにしましょう




結論から言うとヤマダ電機のリフォームはおすすめできません


まずはじめに結論から言うと、個人的にはヤマダ電機でリフォームするのはおすすめできません。
というよりも、家電量販店にリフォームを依頼するのがおすすめできない、と言った方が良いかもしれないですね。

実家のリフォームの際に、色々な業者に見積もり依頼をしてみて分かったのは、家電量販店はあくまで商品を売る会社だという事です。

確かに、ヤマダ電機などは全国にたくさん店舗があって、気軽に行きやすいのでリフォームについて相談しやすいというメリットはあります。

が、あくまでも商品を売る会社なので、工事については外注します。
なので、ハウスメーカーや専門のリフォーム会社(工務店)に比べると、施工に対する責任感に差があるんですよね。

一言でいうと、プロ意識がないんです。

リフォームの相談掲示板などでもよく話題に上がるのですが、

「手抜き工事をしてあとはほったらかし」
「工事中の対応がものすごく悪い」
「後から連絡を入れても、お金を払った後はまともに対応してくれない」

などの口コミが多いです。

今後数十年にわたり生活する住まいのリフォーム、絶対に後悔したくないですよね。
なので、もしヤマダ電機のような家電量販店で見積もりを取ろうとしている方がいるなら、必ずハウスメーカーや専門のリフォーム業者(工務店)からも相見積もりを取りましょう。
同じ予算でも、もっと良い提案が出てくるかもしれません。
(というかおそらくその可能性の方が高いです。)

一括見積もりのサイトなら、「タウンライフ」が最もおすすめです。
私も実家のキッチンのリフォームを検討中なので一括見積りサイトをいくつか試してみましたが、「タウンライフ」は自分のニーズに合った業者だけに絞り込んで依頼できるんですよね。

リフォームしたい場所や重視するポイント、予算などを詳細に伝えられるので、要望に沿った見積もりが出てきやすいんです。
候補となる業者がリストで出てくるので、「別にこの業者はいらないな」と思えば、依頼対象から外すこともできます。

「住友林業」や「新築そっくりさん」など大手ハウスメーカーも入っていますし、地域密着でやっている地元の工務店なども市町村から判断して候補に入っています。

他にも一括見積もりサイトを色々試してみましたが、「住所」と「連絡先」を打ち込んで送信するだけとかばっかりなんですよ。
逆に怪しいでしょ。。。
これだけの情報でどういう提案持ってくるんだろ。。。

という訳で、一括見積りするなら「タウンライフ」が一番良いと思います。

\私のイチオシ!/
town life リフォーム
公式サイトで見る



ヤマダ電機のリフォーム会社「ヤマダホームズ(YAMADA HOMES)」とは?


まず、ヤマダ電機には家電を販売する事業部の他に、新築建売やリフォームなどを専門で請け負う「株式会社ヤマダホームズ」という子会社があります。

こちらは会社案内資料。

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

元々は「エスバイエル」という会社が昭和26年に設立され、その後2018年に「ヤマダウッドハウス」と合併し「ヤマダホームズ(YAMADA HOMES)」になりました。
ですので、ずっと前からやっている老舗といえば老舗ですが、ヤマダホームズという会社自体はごく最近誕生したことになります。

また、ヤマダ電機グループは2017年11月に住宅リフォーム業界大手であった「ナカヤマ」を買収し、完全子会社化しています。

おそらく、エディオンのように家電量販店でありながらも、ワンストップでリフォームや土地分譲も手掛けるようにし始めたのでしょう。
ヤマダ電機ではプライベートブランド「ハーブリラックス」を展開するなど、住まいに関する事業について総合的に力を入れている様子です。

これらのリフォーム会社の内容については、ネットでもある程度調べることが出来るのですが、やはりお店に行ってみるのが一番。
私は大阪府内在住なのですが、せっかくならショールームも設置されている「ヤマダ電機 LABI1なんば店」に行ってきました。

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

ちなみに、ヤマダ電機にはLABIとテックランドの2種類のお店があります。
LABIは市街地エリア、テックランドは郊外エリアにあることが多いですね。

ショールームが設置されているお店は限られているので、事前に調べてから行きましょう



ヤマダホームズのショールームの様子


ではさっそく、ヤマダ電機LABI1なんば店内のショールームに行ってみましょう。
入口付近にヤマダホームズの案内がありました。
ショールームは館内の1Fにあるようでした。

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

冷蔵庫や洗濯機、エアコン、キッチン家電など大型の家電が並ぶフロアですね。

さて、到着しました。

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

奥の方に店員さんがいましたが、ショールーム内は自由に見学することが可能です。

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

注文住宅なども請け負っているようですね。

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

さらに、各社が合併してヤマダホームズが誕生したということもあり、ちょうどキャンペーンも行われているようでした。

また、ヤマダホームズのショールームの隣には、ハウステック(Housetec)というメーカーのショールームも併設されていました。

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

ハウステックとは、ヤマダ電機グループの住宅機器メーカーで、キッチンやシステムバス、給湯器など水回り製品に強い特徴を持っています。

こちらのショールームも自由に見学可能。

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ


それぞれの区画ごとに分かりやすい参考見積もり価格も提示されています。

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

無金利で60回の分割払いなども可能。
値引き前の参考価格でも数千円ほどになるので、リフォームローンなどを検討している方も参考にしてみると良いでしょう。

詳細な製品の内容と見積もり価格の相場感などを知ることができるので、リフォームを検討中の方はヤマダ電機(ヤマダホームズ)やハウステックのショールームを見ておくことを是非お勧めします。



ヤマダ電機のリフォームで出来る施工内容


さて、リフォーム会社には得意不得意が色々あります。
外壁塗装だったり、水回りだったり、太陽光パネルだったり、インテリアコーディネートだったり色々とあるわけですが、やはりヤマダ電機グループとなるとかなり大手ですので、様々な要望に応えられるようです。

ヤマダ電機のリフォーム見積もり価格まとめ

こちらはリフォームのチラシ。
「家電+リフォーム」という謳い文句で、全てをカバーするという宣伝内容になっています。

■室内工事
・天井・壁・床・クロス張替
・フロアー張替・ドア交換
・床暖房工事
・バリアフリー・収納取付
・和室改装

■キッチン工事
・システムキッチン取替
・レンジフード交換
・フローリング、クロス張替
・コンロ・IH交換
・カップボード設置

■洗面・脱衣所工事
・洗面化粧台
・フローリング・クロス張替
・収納造作

■トイレ工事
・天井・壁・床内装
・トイレ交換

■浴室工事
・システムバス工事
・給湯器取替
・エコキュート設置
・浴室暖房機取付

■外装工事
・外壁塗装工事
・省エネ塗装工事
・サイディング工事
・コーキング打ち替え
・モルタル補修
・外張り断熱工事
・バルコニー防水工事
・玄関ドア交換

■屋根工事
・屋根葺き替え工事
・屋根塗装工事
・省エネ塗装工事
・雨漏り補修
・雨樋補修
・太陽光発電工事

■エクステリア工事
・車庫・物置の新設
・カーポート取付工事
・ウッドデッキ工事
・テラス工事
・蓄電池設置

■サッシ工事
・サッシ交換
・二重窓取付

■床下工事
・シロアリ駆除
・基礎補強
・耐震補強
・床下換気扇



リフォームに関するほぼ全ての領域をカバーしている様子です。
たしかに、リフォームの際には電気製品の取り替えなども伴うので、様々な製品ラインナップから選んで一緒に相談できるのは心強いところですね。

大手ならではの安心感と、グループとしての幅広い対応力が魅力といったところでしょうか。
その分、おそらく地域のリフォーム専門業者などと比べると見積もり価格は高くなったりするかもしれません。



リフォームを考え始めたら相見積もりを絶対に取ること

インテリアについて考えていると、「もっと根本から改善したい!」という考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

リフォーム業者ってたくさんありすぎて、、、結局どれを選べばいいの?


自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、自宅周辺のエリアに強いリフォーム業者各社へ1度の手間で一括で見積もりを依頼することができます。
大手だと「タウンライフ」「リショップナビ」などですね。

業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

知り合いの紹介はNG!!

一番やってはいけないのが、知り合いに紹介してもらった業者に依頼することです。

どこがいいか分からないから、少しでも信頼できるところに頼みたいんだけど。。。


その気持ちは痛いほどよく分かるのですが、知り合いに紹介してもらうと、逆に断りにくくなってしまうんです。

本来はもっと安く出来るところが、知り合いの顔を潰さないためにもそのままズルズルと依頼せざるを得ない空気になってしまうパターンです。
私が初めてリフォームをした際は、この失敗をしてしまいました。

結果、相場よりも1.3倍くらいの請求額となり、後悔しました。。。
金額でいうと50万円くらい多めに払った感じですね。

このような失敗をしないためにも、リフォームは相見積もりを絶対にとっておきましょう。
大手会社から地元に強い工務店まで取り扱っている、「タウンライフ」と「リショップナビ」が個人的にはおすすめです。

タウンライフ
リショップナビ
このエントリーをはてなブックマークに追加

リビング・ダイニングの購入前に合わせて読みたい記事BEST3

その他人気のリビング・ダイニングを探す

226

カテゴリー
人気ランキング
TOP