人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説

人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説 出典:https://i.pinimg.com/
人気ブランドのおすすめベビーカーまとめです。コンビ、アップリカ、ピジョン、西松屋(SmartAngel)、エアバギー、バガブー、グレコなどおしゃれな海外ブランドやコスパの良い国内メーカーのベビーカーを紹介。A型とB型の違いや選び方のポイントも解説します。
赤ちゃん連れの外出の強い味方であるベビーカー。
子供が産まれる前から、どんなベビーカーを選べばよいのか悩んでしまう人もいるでしょう。

実際に生まれてからだと、選ぶ時間や心の余裕もなくなってしまう可能性もあります。
じっくり選べる期間に知識を貯めておくのも賢い方法のひとつですね。

この記事ではベビーカーの基本的な知識や選び方のポイントを具体的に解説するとともに、人気ブランドの「コンビ」「アップリカ」「ピジョン」「西松屋(SmartAngel)」「エアバギー」「バガブー」「グレコ」のおすすめベビーカーを紹介します。


ベビーカーの種類


ベビーカーには「A型」と「B型」という種類があります。
同じように見えても、造りや対象年齢が違うので注意が必要です。
まずはふたつの違いについて見ていきましょう。

A型ベビーカー


全体に占める割合が多いA型ベビーカー。
実際に周りの子育て家庭を見てみても所持率が高いのがA型ベビーカーです。

特徴は、生後1カ月頃から使えて、車輪もB型に比べると太めで安定感があります。
また、リクライニング機能を搭載し、お昼寝の機会が多い低月齢の赤ちゃんにも最適です。

A型ベビーカーは両対面式というのも特徴です。
赤ちゃんが進行方向に向くのが背面向きで、赤ちゃんと対面になるのが対面向きになります。

両対面式は、レバーなどで切り替えて背面にも対面にもできるというのが大きな特徴です。
対面式は赤ちゃんの様子が分かりやすく、お互いに安心感があるのも嬉しいですね。

A型ベビーカーのメリットでありデメリットでもあるのが、その安定感からの重さでしょう。
電車の中などで折り畳んだときの持ち運びにくく、片手でさっと持ち上げるのはなかなか難しいのが現実です。

B型ベビーカーに比べて価格が高めなのもチェックしておきたい点ですね。

B型ベビーカー


赤ちゃんの腰が据わった生後7カ月頃から使用できるB型ベビーカー。

一番の特徴は軽さでしょう。
片手でたためてそのままさっと持ち上げられる重量のものが多く、中にはかなりコンパクトに折り畳める種類もあります。

乗り心地の面でいうと、やはりA型には劣りますが、価格も手ごろで携行性にすぐれているというのが一番の魅力ですね。

B型の中でも、しっかりしたタイヤを装備したり、軽い押し心地で快適な使用感のものも多くあります。
同じB型の中でも種類ごとの違いの幅も広いので、このあと紹介していく選び方のポイントをしっかりと押さえながら見ていきましょう。


A型とB型、どちらを選べばよいの?


タイプが異なるA型とB型ベビーカー。
どちらを選べばよいのかスタートから悩んでしまいますね。

選ぶポイントは多くありますが、まずはざっくりと対象月齢で絞っていきましょう。
B型ベビーカーを使うには、腰か据わっていることが最低条件です。

それより早い時期から使う必要があれば、A型一択です。

腰が据わって移行ならどちらとも選ぶことはできますが、頻繁に折り畳んで持ち運ぶ機会があるのであれば、B型がおすすめです。
車での移動がメインなら、安定感のあるA型を選択してもよいかもしれませんね。


ベビーカーの選び方



出典:https://i.pinimg.com/

ベビーカーを選ぶときの要素は非常に多く、どれを選んでよいのか悩んでしまう人も多でしょう。
そのさまざまな面から総合的に判断する必要があります。

まずは、どんな点を重視しているかをひとつひとつ確認していきましょう。

大きさや重さ


状況によっては、子供を抱っこしながら反対の手にベビーカーを抱えて階段を登ることもあるでしょう。

A型ベビーカーでは特に安定感を優先しているため、大きさや重さ面では不利になってきます。
実際に持ち上げられるかどうかや、収納場所に入るかどうかも重要です。

折りたたんだあとのサイズも必ず確認してくださいね。

収納方法


収納時のサイズと合わせて、収納方法も大切な要素です。
子供を連れた外出は何かと忙しいもの。

各社メーカーによって折りたたみ方法は異なりますが、片手で折りたためたり、広げられたりの操作が楽なものがおすすめです。

走行性能


軽い力でもスイスイ押せて進める走破性も大切です。
グリップの形状やフレームの構造によっては、押しやすさも変わってきます。

加えて、タイヤの状態や方向転換のスムーズさもポイントになります。
赤ちゃんの成長や荷物を積んだときでも快適に進めるような走破性がよいベビーカーを選びたいところです。

併せて、次に紹介する道路状況もチェックしてみてくださいね。

道路状況


普段使用する道路の環境にも目を向けて選ぶと安心です。
ガタガタした道をよく利用するなら、安定感のあるA型ベビーカーがおすすめです。

B型ベビーカーは草の上や砂利道で進まないということも多いので、あらかじめよく通る道を確認しておくと安心です。
普段の生活では特に気にしていなかった小さな段差やエレベーターの有無など、ベビーカーを使ってみて初めて気がつくこともあるでしょう。

収納力


ベビーカーでよく買い物に行く人は必ずチェックしたいのが収納力です。
シートの下が収納になっていることが多く、スーパーの買い物かごが丸ごと入るほどの収納力のあるベビーカーとあります。

買い物した商品がそのまま積めるととっても楽になりますね。

よく、買い物袋をベビーカーの取っ手に引っかけたまま使っている人を見かけますが、これはベビーカーごと転倒してしまう危険もあるのでやめましょう。

リクライニング機能


A型ベビーカーでは、寝てしまった姿勢にも対応できるようにリクライニング機能を備えたのがほとんどです。
どのようにリクライニングするのかや、角度はどれくらいなのかも事前にチェックしておくと安心ですね。

デザイン


毎日使うものなら、機能はもちろんデザインにもこだわりたいですね。
かわいくしたいけど少し物足りない場合は、ベビーカーに敷くシートやアイテムで装飾するのもおすすめです。


人気ブランドのおすすめベビーカー9選


コンビ スゴカルα 4キャス エッグショック HT


人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説
出典:https://i.pinimg.com

頭部を守る「エッグショック」と、全身を点で支える「3Dエッグショックシート」、足下から振動を吸収する「エッグサスペンション」の3つのエッグが赤ちゃんを守ります。

赤ちゃんを抱っこしたままの持ち運びが快適になる「持ちカルグリップ」や快適なシートを維持する「エアスルーシート」などうれしい機能が満載の一台です。

本体サイズ(開):48.6×76-94×89-108cm
本体サイズ(閉):48.6×42.5×85.3-101cm
対象:1カ月から36カ月、15kg以下
本体重量:5kg
リクライニング:125~170度
カラー:ヘリンボングレー、ヘリンボンネイビー、オルテガレッド、メランジグレー
参考価格:63,720円



コンビ メチャカーゴ IG


人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説
出典:https://i.pinimg.com

30リットルのショッピングバスケットもすっぽり入る大容量な収納が魅力の一台です。
赤ちゃんの乗せ降ろしも楽になる51センチのハイシート、大型ダブルホイールタイヤで、快適&安定感を実現しています。

片手で簡単にワンタッチ開閉ができるので抱っこ中は助かりますね。
閉じたあとは自立してくれるのもポイントです。

本体サイズ(開):50×92-97×108cm
本体サイズ(閉):50×40×104cm
対象:1カ月から36カ月、15kg以下
本体重量:5.7kg
リクライニング:125~170度
カラー:ボーダーネイビー
参考価格:49,680円



アップリカ マジカルエアープラス


人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説
出典:https://i.pinimg.com

超軽量の3.6キロで持ち運びもらくらく、片手で開閉もできます。
B型ベビーカーの不安材料である安定感も「がっちりフレーム」と車輪に装備した「サスペンション」で改善しています。

座面下の収納は約25リットルとたっぷり荷物が入る大容量。
前からも後ろからも出し入れができる設計です。

本体サイズ(開):45.6×76.2×105cm
本体サイズ(閉):45.6×34×93.4cm
対象:7カ月から36カ月、15kg以下
本体重量:3.6kg
リクライニング:117~135度
カラー:ピアーハート NV、クラウドスター BK、ゴールドエトワールYE
参考価格:29,160円



アップリカ スムーヴ プレミアム


人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説
出典:https://i.pinimg.com

安定感や乗り心地抜群の三輪ベビーカー「スムーヴ」の中のプレミアムモデルです。
赤ちゃんとママの欲しい機能を最大限詰め込んだ一台です。

たたんだときに自立設計や、足のせも収納できるのでよりコンパクトに。
空気入れ不要のメンテナンスフリータイヤは、パンクをしないので忙しいママにも安心。

各色、デニム調のデザインでおしゃれを演出できるのもポイントですね。

本体サイズ(開):55×86×114cm
本体サイズ(閉):55×42×89cm
対象:1カ月から36カ月、15kg以下
本体重量:9.4kg
リクライニング:115~154度
カラー:グレービューティーデニム GR、ブラックビューティーデニム BK、ブルービューティーデニム NV
参考価格:70,740円



ピジョン PATTAN(パタン)


人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説
出典:https://i.pinimg.com

パタン!と片手でワンタッチでたためます。
折りたたんだときのサイズにもこだわり、コンパクトに収納が可能。
高さは79センチになるので、車のトランクにも収納しやすい大きさです。

持ち運び時も、ショルダーにしたりキャリーバックのようにひいたりとバリエーションも豊富。
大きな幌で紫外線などから赤ちゃんを守ったり、ふわふわのシートは洗濯機でも洗えるので常に快適です。

本体サイズ(開):48.2×75×103cm
本体サイズ(閉):48.2×40×79cm
対象:1カ月から36カ月、15kg以下
本体重量:4.7kg
リクライニング:115~165度
カラー:モッズカーキ、インディゴデニム、アクティブレッド、グリーンドット、フラワーベール
参考価格:32,400円



SmartAngel(西松屋)ベビーバギー バギーfanロングプラス


人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説
出典:https://i.pinimg.com

2016年のグッドデザイン賞も受賞。
シンプルなB型ベビーカーです。

独自の構造のフレームで指はさみを予防しています。
座面には取り外し可能な通気性に優れたメッシュシートを使用しているので、暑い季節でも快適に使用できますね。

本体サイズ(開):48×85×103cm
本体サイズ(閉):24×26×116cm
対象:7カ月から36カ月、15kg以下
本体重量:4.2kg
リクライニング:-
カラー:-
参考価格:6,999円



エアバギー ココブレーキEX フロムバース


人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説
出典:https://i.pinimg.com

振動を感じさせないなめらかな走行は、エアバギーならではの特徴。
新生児から使えるフルフラットなシート、通気性のよいクッション、大容量のバスケットなど、赤ちゃんにもママにも優しい機能が満載です。

坂道でも手元で速度のコントロールができる「KARASAWA製ハンドブレーキ」を搭載し、より安全な走行を追求しています。

本体サイズ(開):53.5×96×104.5cm
本体サイズ(閉):53.5×40×82cm
対象:0カ月から4歳
本体重量:9.5kg
リクライニング:115~155度
カラー:EARTH BROWN、EARTH GREY、EARTH BLUE、EARTH
参考価格:74,520円



バガブー Bugaboo Bee 5


人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説
出典:https://i.pinimg.com

バガブーはオランダ生まれのデザインが美しいおしゃれなベビーカーです。
シティライフにおすすめの一台のこちら。
リクライニングは3段階、ハンドルの高さ調整も可能です。

コンパクトの旋回ホイールは、片手で操作しても小回りの利く操縦性の高いつくり。
自立してくれるので、たたんだ後でも置き場を選ばないのもうれしいですね。

本体サイズ(開):86.5×53×90cm
本体サイズ(閉):90×46.5×32cm
対象:0カ月から、17kg以下
本体重量:8.9kg
リクライニング:95、135、155度
カラー:-
参考価格:81,900円



グレコ シティ スター


人気ブランドのおすすめベビーカー9選!A型とB型の違いや選び方も解説
出典:https://i.pinimg.com

7段階のマルチハンドルで、角度を自由に調整。
使う人の体格に合わせることができます。

座面下の収納部は、34.6リットルの大容量でかさばる荷物もたっぷりと入ります。
間口が広いので出し入れしやすいのもうれしいですね。

シートの柄には、星をモチーフにしたポップなデザインを採用。
お出かけがより楽しくなりそうな一台ですね。

本体サイズ(開):45.8×80.5-96.3×102.3-
105.3cm
本体サイズ(閉):45.8×37×88.5cm
対象:1カ月から36カ月、15kg以下
本体重量:4.2kg
リクライニング:117~150度
カラー:トリコロールスターズ、スターラインズ、カラースターズ
参考価格:28,080円



まとめ


外出用品として使用頻度も高いベビーカー。
使う環境や生活スタイルによって選ぶ種類も変わってきます。

長く使うアイテムなので、ぜひしっかりと吟味して選びたいですね。
お出かけが楽しくなるような、お気に入りの一台を見つけてみてください。


リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、「もっと根本から改善したい!」という考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「タウンライフ」「リショップナビ」などですね。

▼こちらがタウンライフ

▼こちらがリショップナビ


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

タウンライフの公式サイト
リショップナビの公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供・ベビー用品の購入前に合わせて読みたい記事BEST3

その他人気の子供・ベビー用品を探す

271

カテゴリー
人気ランキング
TOP