ニトリ イケア 無印良品 高級&ラグジュアリー

ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介

ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介 出典:https://i.pinimg.com/
ニトリやイケア(IKEA)、無印良品、カリモク、ロウヤ(LOWYA)など人気ブランドのカウチソファのおすすめ紹介まとめです。通常のソファとの違いや特徴、カウチソファの選び方について解説。おしゃれな北欧デザインやハイバックタイプ、1人掛け~3人掛けまで幅広くピックアップしました。
リラックスには欠かせないソファ。
その中でも、座面が長く足を伸ばしてゆったりとくつろげるのがカウチソファです。

様々な種類のカウチソファがある中でも、素材や構造などの違いでさらに選択肢も広がります。
そんなカウチソファについての基礎知識や選び方のポイント、おすすめアイテムをご紹介。

ぜひ最後までご覧ください。

カウチソファとは


カウチソファとは、座面が長く足を伸ばして座れる形状のソファを指します。
「寝椅子」や「長椅子」が付いていて、座面の長さ次第ではベッドのように寝転がることができるものもあります。

リラックスタイムはもちろん、ちょっとうたた寝や昼寝をするのにも最適。

ベーシックなソファやコーナーソファと組み合わせて、好みの配置でセッティングすることもできます。
アイテムによっては、組み替えができてライフスタイルに合わせた形状に変化させて使えるソファも便利です。

一人掛けのカウチソファはメーカーによっては「長椅子」の意味を持つ「シェーズロング」と呼ばれることもあります。
また、ソファ用の「オットマン(スツール)」を用いることで、寝椅子とするパターンもあります。


カウチソファの種類


カウチソファの中でも、肘掛けがあるものとないものがあります。
アームなどと呼ばれることもあり、それぞれに特徴があります。見ていきましょう。

肘掛けあり


左右のどちらか、もしくは両方に肘掛けがあるカウチソファもあります。
肘を置けるので、よりリラックスして座ることができるのがメリットです。

肘掛けなし


アームレストなどと呼ばれたりもする、肘掛けがないタイプのソファ。
すっきりしたデザインと置く場所を選ばないというのがメリットでしょう。

引っ越しや模様替えで向きや場所を変えたときにも対応してくれるのがポイントですね。

ユニット式


カウチソファの中でも、他のソファと連結させて使えるシリーズもあります。
ソファ、カウチソファ、オットマンなどと形を変えて使えるので、ライフスタイルに合わせた配置を楽しむことができますね。

カウチソファの人気メーカーと各社の特徴


ニトリ


知名度も抜群、全国に500店舗以上展開している大手家具メーカーのニトリ。
豊富な商品ラインナップは、家具から生活雑貨までなんと1万点以上。
年間5000点以上の新商品があります。

ソファの種類展開も豊富で、カウチソファだけでも40種類以上あり、さらにカラーやシート数などのバリエーションも豊富。
お気に入りの一点見つけることができそうです。

ニトリのおすすめソファ

IKEA


北欧スウェーデン発の家具や生活雑貨メーカーのイケア。
大きな倉庫のような店舗で、自分の欲しい商品を選ぶというスタイルはわくわくしますね。

北欧らしい洗練された中でもどこか遊び心を取り入れたデザインも人気です。
ファブリックにもこだわっているので、カーテンやラグ、マットなどと組み合わせてお気に入りのインテリアを追求することもできますね。

無印良品


シンプルなデザインが人気の無印良品。
家具や生活雑貨だけではなく、衣料品や食品、住宅まで取り扱っているので、生活の全てをコーディネートすることも可能。

素材や構造にもこだわっている無印良品のアイテム。
カウチソファ自体の商品数は少な目ではありますが、カバーのバリエーションなどを選ぶこともできます。

どんなデザインにもマッチする究極のシンプルさも魅力ですね。

無印良品のおすすめソファ

ロウヤ(LOWYA)


トレンドの家具がお手ごろ価格で手に入ると人気のロウヤ。
豊富なアイテム数で選ぶ楽しみも増すブランドです。

家具や生活雑貨、家電などの取り扱いも豊富。
テイストが異なるデザインの部屋丸ごとのコーディネートも可能な人気ブランドです。

カリモク


国内の老舗家具メーカーといえばカリモクを挙げる人も多いのではないでしょうか。
高品質なアイテムだけではなく、アフターフォローも魅力のひとつです。

ロングセラーアイテムのカリモク60のKチェアなどを筆頭に、一生モノの長く使えるアイテムを多く取りそろえています。
一人掛け用のカウチソファ、シェーズロングも人気のアイテムです。

カウチソファの選び方


続いて、カウチソファを選ぶ時のポイントについて確認していきましょう。

シート数で選ぶ


ソファの横幅はシートという意味のシーターという単位で表されます。
一般的な大きさは2シーターから3シーターが多く、その他にも一人掛けソファやさらに大きな4シーターなどもあります。

選び方の目安は何人で使用するかどうか。
使用する人数プラス1シーターのサイズを選ぶと窮屈なく使用できるでしょう。

サイズで選ぶ


シート数とやや重複しますが、肘掛けの有る無しや背もたれの高さもポイントです。
同じ3シーターのソファでも大きさは異なるので、実際の部屋の広さを採寸して選びましょう。

部屋に置くと店舗で見るよりも存在感が増す場合がほとんどです。
カラーなどで圧迫感を抑える工夫も大切です。

また、引っ越しの機会が多い場合は、搬入経路によっては入らないこともあるので注意が必要です。

素材で選ぶ


ソファで使われている素材は大きく分けて3種類。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

ファブリック


一番種類が豊富なのはファブリックソファ。
布でできているので柔らかな感触や加工のしやすさが特徴。

カラーバリエーションも豊富で、模様のあるデザインも可能です。
アイテムによっては、カバーリングの種類が多く、着せかえを楽しむこともできます。

本革


革を贅沢に使用した高級品の本革ソファ。
革製品の独特の香りや光沢、そして風合い。

さらに、使い込むほど味わいが増すという魅力に溢れた最高級の素材です。

一生モノの家具として購入する人も多い本革のソファ。
価格が高めなのと、他の素材に比べるとお手入れが難しく、子供やペットがいる家庭では注意が必要です。

フェイクレザー


本物の革ではなく、加工された合皮のソファです。
革の見た目はそのままに、お手入れがしやすいのが特徴。

加工のしやすさからカラーバリエーションも豊富で、価格も本革に比べるとお手頃となっています。

座面の構造で選ぶ


ソファはベッドと同じように、座面の中の構造に種類があります。
この構造によって座り心地や価格に差が出てきます。

よく使われている4つの種類について見ていきましょう。

ウェービングベルト


ベルト状の硬めの伸縮が特徴の素材を格子状に敷き詰めた構造のウェービングベルト。
金属製に比べると柔らかな座り心地が特徴です。

低コストで生産できるので、お手頃な価格のソファに多く採用されています。
一度伸びてしまうとそのままなので、やや耐久性には劣るというデメリットがあります。

コイルスプリング


フレームの上一面に張られたバネ構造のコイルスプリング。
ベッドだとボンネルコイルと呼ばれてる構造です。

沈み込みが少ない面で支える硬めの座り心地が特徴のコイルスプリング。
全体がつながっているため安定感はありますが、その分揺れが伝わりやすいというデメリットもあります。

ポケットコイル


袋状になった個別のコイルが並べられている構造のポケットコイル。
比較的柔らかい座り心地が特徴です。

体重を点で支えるため、荷重を分散させてくれるのもポイント。
横揺れが少なく、隣に人が座っても揺れが伝わりにくいというメリットもあります。

Sバネ


別名ウェーブスプリングなどとも呼ばれ、S字の波形のバネを寝かせて使用しています。
やや硬い座り心地で安定感があるのが特徴です。

単純な構造のためコストも抑えられて、低価格なソファでよく使用されている構造です。

左右の位置も確認が必要


カウチソファには左右が入れ替えできるものとできないものがあります。
左右が固定されているものだと、引っ越しやレイアウト変更で使い勝手が悪くなることもあるので注意が必要です。

お手入れのしやすさや替えカバーも要チェック


ファブリック、合皮、本革でもお手入れ方法は異なることはお伝えしましたが、ファブリックの中でもアイテムによってお手入れのしやすさが異なります。

チェックしておきたいポイントは、カバーが取り外し可能かということと、洗濯機で洗えるかということ。
カバーが取り外しできても、ドライクリーニングのみというアイテムもあるので気をつけましょう。

家庭で洗濯できるソファは、汚れてしまってもすぐに洗うことができるので清潔に使うことができますね。

また、ソファに装着できる替えカバーのバリエーションが豊富なアイテムなら、季節や気分に合わせて着替えられるというメリットも。

部屋の中でも大きな面積をとるアイテムなので、デザイン面も考えながら選んでいきたいですね。
カバーが替えられなくても、クッションカバーやソファの上に敷くマットなどでも雰囲気がぐっと変わるので、ぜひ試して見てください。

おすすめカウチソファ10選


ニトリ 組み換え自由な3人掛けソファ


ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介
出典:https://i.pinimg.com

組み替えのバリエーションが豊富な3人掛けソファ。
配置を変えればオットマンやスツール、カウチソファとしても使用することができます。

同じ素材を使用したクッション2つ付き。
8色のカラー展開から選ぶことができます。

サイズ:幅185cm×奥行81~141cm×高さ81cm

商品リンク

ニトリ 本革カウチソファ


ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介
出典:https://i.pinimg.com

表面には本革を贅沢に使用したカウチソファ。
肩までしっかりとサポートするセミハイバックの背もたれと、別売りのヘッドレストを使えば頭までフルサポートしてくれます。

座面にはコイルスプリングを使用して快適な座り心地を実現。
ソファの下はお掃除ロボットにも対応した14センチの脚付きでお手入れも楽々です。

いずれも高級感溢れる4色のカラーと、カウチは右用左用から選択できます。

サイズ:幅237cm×奥行180cm×高さ88cm

商品リンク

ニトリ リバーシブルカウチソファ


ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介
出典:https://i.pinimg.com

背もたれ部分を裏返せば2通りのデザインが楽しめるリバーシブル仕様。
カウチ部分はレイアウトに合わせて入れ替えができ、組み替え次第ではオットマンやスツールとしても使用が可能。

部屋に圧迫感をあたえない高さ75センチのローバックタイプです。
それぞれリバーシブルになっている4色のおしゃれなカラーから選ぶことができます。

サイズ:幅177cm×奥行122cm×高さ75cm

商品リンク

IKEA KARLSTAD カルルスタード


ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介
出典:https://i.pinimg.com

日本の生活スタイルに合わせて作られたコンパクトサイズが特徴。
二人掛けのコンパクトソファと寝椅子がセットになった形状のカウチソファです。

座面には高反発フォームとポリエステル繊維を使用した快適な座り心地。
カバーは取り外して洗えて、交換用のカバーのラインナップも豊富です。

おしゃれな5つのカラーからチョイスが可能。10年品質保証付き。

サイズ:幅:196cm×奥行90cm×高さ80cm

商品リンク

IKEA SÖDERHAMN ソーデルハムン


ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介
出典:https://i.pinimg.com

4人掛けとゆったり足を伸ばせる大きめのカウチソファ。
ソーデルハムンシリーズはいくつか連結させて好みのスタイルで使うことも可能。

寝椅子は左右どちらでも設置が可能なので、模様替えや引っ越しなどの際にも便利です。
カバーにはポリエステルとナイロンを使用した布地を使用し、滑らかかつ耐久性に優れています。

カバーは洗濯機でも洗える仕様。
柔らかなピンクのソファは部屋全体を明るくしてくれますね。

サイズ:幅291cm×高さ83cm(背もたれクッション込み)×奥行き151cm

商品リンク

IKEA DELAKTIG デラクティグ


ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介
出典:https://i.pinimg.com

シンプルでモダンなデザインが目を引く一人掛けの寝椅子のデラクティグ。
フレームにはアルミニウムを仕様。

シリーズでは、ライフスタイルに合わせてモジュールを追加したり組み替えたりして使うことができます。
好みのスタイルに合わせて選べるカバーも展開中。

洗濯機で洗えるのでとっても便利です。

サイズ:幅149cm×奥行84cm×高さ45 cm

商品リンク

無印良品 ソファ


ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介
出典:https://i.pinimg.com

フェザーとポケットコイルを配置した座り心地も抜群なシリーズ。
中材にフェザーをたっぷりと使用したふっくらとした座り心地が特徴です。

座面にはベッドでも使用されているポケットコイルを並べているので、適度な弾力とフィット感が味わえます。
本体はスチール製の枠を使用し、背面や座面のクッションは交換も可能。

長い期間で使えるのもうれしいですね。

サイズ:幅225cm×奥行150cm×高さ75cm

商品リンク

LOWYA 3人掛け ヘッドレスト クッション付カウチソファ


ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介
出典:https://i.pinimg.com

一人暮らしからファミリーまで幅広く人気がある、ソファ部門売上ナンバーワンアイテム。
座面の幅は190センチと3人で座ってもくつろげる大きめサイズ。

ヘッドレストを着用すればよりリラックスして座ることもできます。
座面には厚みのあるクッションを使用し、見た目にも美しいデザイン。

座面の下にはポケットコイルを配列して、より体にフィットしながら快適な座り心地を実現しています。

サイズ:幅190cm×奥行85~135cm×高さ56~76cm

商品リンク

LOWYA 3人掛け収納付きカウチソファ


ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介
出典:https://i.pinimg.com

ゆったりくつろげる大きめサイズながら、高さを抑えることで圧迫感を軽減しています。
スツールの下が収納ボックスになっており、生活感のあるものを隠しながら収納することも可能。

オットマンには過剰な沈み込みを防ぐために丈夫な合板を配置しています。
内部にはピュアウレタンやポケットコイルを使用したこだわりの8層構造の座面で、快適な座り心地を実現している一台です。

サイズ:幅198cm×奥行83cm×高さ76cm

商品リンク

カリモク 左肘シェーズロング


ニトリ・IKEA・無印などおすすめカウチソファ10選!人気ブランド比較紹介
出典:https://i.pinimg.com

曲線デザインが美しい、ゆったりと座れる一人掛けのカウチソファ。
部屋にあるだけで高級感を演出してくれる一点です。

座面には連結式鋼製組バネとニューモールドフレックスなどを使用して快適な座り心地を実現。
革部分と木製部分を好みで選べるオーダーにも対応しています。

サイズ:幅890cm×奥行147cmm×高さ89.5cm

商品リンク

人気おすすめカウチソファ比較表まとめ


ソファの中でも極上のリラックスを味わえるカウチソファ。ついついうたた寝してしまう気持ち良さですね。
大きなアイテムなので、採寸や部屋全体のバランスをしっかりとチェックすることが大切です。

また、配置や替えカバー、ソファ周りのアイテムを工夫することでさらに楽しい空間に演出することができますね。
人気ブランドのおすすめカウチソファのサイズや形状、価格、特徴などを比較表にしてまとめましたので、ぜひこちらを参考にお気に入りのカウチソファを見つけてください。

画像
メーカーニトリニトリニトリイケア(IKEA)イケア(IKEA)イケア(IKEA)無印良品ロウヤ(LOWYA)ロウヤ(LOWYA)カリモク
商品名組み換え自由なフリースタイル本革カウチソファ(ロゾ4)リバーシブルカウチソファ(リバーシブル)KARLSTAD カルルスタードSÖDERHAMN ソーデルハムンDELAKTIG デラクティグソファ本体・3シーター・フェザー・ポケットコイル・カウチタイプ(右) 3人掛け カウチソファ ヘッドレスト クッション付3人掛け カウチソファ 収納付き [幅198]左肘シェーズロング
参考価格37,900円124,200円39,900円69,900円111,000円80,990円100,900円39,990円54,990円257,040円
形状、肘掛の有無ユニット式、肘掛あり肘掛あり肘掛あり肘掛あり肘掛あり肘掛あり肘掛あり肘掛あり肘掛あり肘掛無し
シート素材ファブリック皮革、合成皮革ファブリックファブリックファブリックファブリックファブリックファブリックファブリック本革
シート数3人掛け3人掛け2人掛け3人掛け4人掛け1人掛け3人掛け3人掛け3人掛け1人掛け
本体サイズ(cm)185×141×81237×180×88177×122×75196×90×80291×83×151149×84×45225×150×75190×135×76198×83×7689×147×89.5
本体重量(kg)5074.630.8---8147.559-
座面構造ポケットコイル、Sバネコイルスプリング-高反発フォーム高反発フォーム、伸縮素材-ポケットコイルポケットコイル、Sバネポケットコイル、Sバネ連結式鋼製組バネ
脚の高さ(cm)81414---12(※別売)1212-
商品リンク商品リンク商品リンク商品リンク商品リンク商品リンク商品リンク商品リンク商品リンク商品リンク商品リンク


リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、「もっと根本から改善したい!」という考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「タウンライフ」「リショップナビ」などですね。

▼こちらがタウンライフ

▼こちらがリショップナビ


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

タウンライフの公式サイト
リショップナビの公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソファの購入前に合わせて読みたい記事BEST3

その他人気のソファを探す

263

カテゴリー
人気ランキング
TOP