イケア

幼児期の子供におすすめ!IKEAの木製デスクSUNDVIKは収納付きで便利

幼児期の子供におすすめ!IKEAの木製デスクSUNDVIKは収納付きで便利 出典:http://esmeraldas.fi
IKEAの木製子供用デスクSUNDVIK(スンドヴィーク)は、収納付きのコンパクトな幼児向け机。無垢材のシンプルなデザインはどんなインテリアにも馴染んでおすすめです。またテーブルトップの裏側に100均のミラーシートを張り付ければドレッサーに早変わり。
子供の成長は、日々楽しめるもの。
お絵描きや、読書、宝物を集めたり。

おもちゃ箱だけでは物足りなくなったとき、自分だけのスペースを用意してあげることは、子供の自立心を養うことができます。

幼児期の子供たちに、本格的な勉強机を与えるにはまだ早いでしょう。
かといって、簡易テーブルじゃつまらないですよね。

「ぼくだけの、わたしだけのスペース」

IKEAで人気の子供用デスクSUNDVIK(スンドヴィーク)なら、きっとその想い叶えます。

SUNDVIKの機能的な収納スペース



出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

ベース素材は木製で無垢材を利用し、ステイン塗装を施したあと、透明アクリルでコーティングされているので、汚れにも強いけどどこか暖かみのあるデザインです。

収納内部は、A3サイズの用紙が収まる大きなスペースと、鉛筆やクレヨンなど、筆記用具を収納できる小さなスペースとの2つのコンパートメントに分かれています。

組み立てたその日から、すぐに使える収納設計。
広々ととしたサイズなので、お絵描きにとどまらず、工作をしたりしっかり集中して遊ぶことができます。


出典:http://www.ikea.com

テーブルトップを開くと、固定されたままにできるので、1人で使っても手を挟んだりすることも防ぐことができます。
テーブルトップの角も丸みがある設計なので、小さなお子様でも安心ですね。


出典:http://www.ikea.com

しっかりと遊んだあとは、テーブルトップを開けて収納する。
1人でお片づけができるようになることで、「自分でできた!」と、自信を持つことで子供達の自立心も育てることができます。

インテリアに馴染みやすいデザイン


SUNDVIKは、どのようなお部屋にもマッチするホワイトなので、男の子でも女の子でも大丈夫!


出典:http://cdn.mkimg.carview.co.jp

100均やホームセンターなどでも売られているミラーシートなどを、テーブルトップの裏側に貼れば、女の子ならきっと大喜びのドレッサーにも早変わり!
メイク道具などを収納したりして、お友達にもきっと自慢できちゃいますね!


出典:http://media-cache-ak0.pinimg.com

本格的なドレッサーをお探しの方は、ニトリに機能的な商品が結構充実しています。
こちらの記事を参考ください。

収納力と機能性が凄い!ニトリのおすすめドレッサー&三面鏡

椅子は別売りになっていますので、SUNDVIK 子供用チェアや、KRITTER 子供用チェアなど、色で遊んでみたりしても、ポップでキュートな雰囲気が演出でき、オリジナリティを楽しめますよ。

デスクに向かうその姿を、思わず目を細めて微笑んでしまうことでしょう。

SUNDVIKの基本情報



出典:http://www.ikea.com

価格:5,999円
サイズ:
 長さ: 58 cm
 幅: 45 cm
 高さ: 55 cm


リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、「もっと根本から改善したい!」という考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「リショップナビ」などですね。


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

リショップナビ公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供・ベビー用品の購入前に合わせて読みたい記事BEST3

その他人気の子供・ベビー用品を探す

41

カテゴリー
人気ランキング
TOP