子供の秘密基地にはコレ!IKEAのBUSAテント&プレイトンネル

イケア
子供の秘密基地にはコレ!IKEAのBUSAテント&プレイトンネル 出典:https://cdn3.decoracionsueca.com
秘密基地にぴったりなIKEAのBUSA子供用テントとプレイトンネルの紹介です。隠れ家のような四角いテントと、それにつながる丸いトンネルは子供たちの探求心を育みます。折りたたみも簡単で収容しやすい設計。999~1,999円と低価格なキッズアイテムです。
ハイハイやタッチが上手に出来るようになると、お子様の世界は広がります。
公園や野外で遊ぶことも、五感の発達には必要不可欠ですね。

でも、それだけではない、お子様の探究心をくすぐるアイテムをご紹介したいと思います。
きっとどんなお子様でも目を輝かせる「自分だけの秘密基地」。
これはお子様にとって、大事なスペースになることと思います。

秘密基地にぴったりなIKEAのBUSAシリーズ


四方をぐるりと囲った真四角の自分だけの隠れ家。
IKEAのBUSA子供用テントは、きっと子供たちのお気に入りになること間違いなしでしょう。


出典:http://www.ikea.com

一見変哲の無いデザインですが、別売りのBUSAプレイトンネルを接続することで、子供の好奇心をグッと掴むこと間違い無しの、トンネルでの出入りをすることができます。
ハイハイ時期のお子様にも、適度な運動ができ五感の発達にもきっとお役に立つはずです。


出典:http://www.ikea.com

テント内でおままごとをしたり、絵本を見たり、おやつを食べたり…
お子様の様々な発想力を養うことができます。


出典:http://www.ikea.com

トンネルの結合部分は、両端共に接続用マジックテープがありますので、もう一つテントを繋げることもできるので、世界が広がります!
テントの出入り口は2カ所あるので、そのどちらにもトンネルを接続することもできます。


出典:http://cdn.elevenia.co.id

目にも優しいグリーンカラーで、IKEAならではのポップなカラーリングがお部屋の雰囲気を壊さず、お子様のプレイスペースを確保することができます。

限られたスペースでも対応できる簡単収納が可能


取り付けはマジックテープ式ですので、余計な工具や危険な金属はありません。
必要ない時には、サッと折りたたんで収納することができます。
テントも丸めて最小32cmまで折り畳むことができます。
トンネルも、厚さ最小9cmまで簡単に畳むことができるので、収納場所にも困りません。

テントの折りたたみ方は、こちらの動画にて紹介されています。
とっても簡単ですね。


素材はとても軽く収納も簡単ですので、子供部屋でなくても、リビングでもサッと広げることができますよ。


出典:http://crossmodelife.com

ボールを入れてボールハウスにしてもOK!
子供心を完全にキャッチした商品です。

とても柔らかく弾力性のある素材なので、少しくらいヤンチャに遊んだって安心です。
もし濡れてしまっても、すぐに乾くポリエステル製。

BUSAの価格とサイズ


BUSA子供用テント

出典:http://www.ikea.com
価格:999円
サイズ:
 長さ: 72 cm
 幅: 72 cm
 高さ: 72 cm


出典:http://www.ikea.com
価格:1,999円
サイズ:
 長さ: 145 cm
 直径: 46 cm

まとめ


ぼくだけの、わたしだけの秘密基地。
これだけ機能的なのに、お手頃なプライス。
是非お子様へプレゼントしてあげてください。
最高の笑顔を見せてくれること、間違いなしですよ!

リフォームを考え始めたら

インテリアについて考えていると、もっと根本から改善したいという考えになってきたりもします。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面台、リビングや玄関周りなど、自宅のリフォームを現在検討中の方もいるでしょう。

しかしリフォームは、規模によって数百万円~数千万円もの費用がかかりますから、どうせやるならば後悔だけはしたくないものです。

自分の理想の住まいを実現化するためにも、もしリフォームを真剣に考えるのならば、業者は複数の会社から相見積もりを取ることをオススメします。

例えば業者比較サイトなどを使うと、1度の手間で同時に複数のリフォーム会社へ見積もりを依頼することができます。
大手だと「リショップナビ」などですね。


業者にも水回りが得意だったり、インテリアコーディネートの提案が得意だったりと、得手不得手があります。
しかし、それは素人から見ても中々分かりません。

なので、やはり業界に詳しい専門家に一度相談し、適切なリフォーム業者数社に絞ってから相見積もりを取る、というのが賢い流れです。
また、相見積もりを取ることによって、工事費用を抑える交渉もしやすくなります。
私個人の経験からも、数百万円単位で下がることがあるので、是非おすすめします。

リフォームに失敗しないためにも、相見積もりは絶対にとっておきましょう。

リショップナビ公式サイト

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
46

カテゴリー
人気ランキング
ピックアップ記事
TOP